2012年10月28日

【ライフ】目の前の問題にとことん向き合うには

以前、私が勤めていた頃の話です。


職場の知り合い男性(50代)と私と二人だけで世間話をしていました。

ああじゃない、こうじゃないと他愛もない会話を楽しんでいたのですが、
知り合いがふと「実はさぁ・・・」と、真剣な面持ちで話し始めたのです。



どういうきっかけかは分かりませんが、知り合いが少しでも私に
(今の心の内を話してみようかな・・)と思ったみたいで、
自分の家のデリケートな事情を話してくれたのでした。



「実はウチの子供(高校生)が精神的な病気で、
病院に行ったらちゃんとした病名が付いて、色々困ってるんだよ。


学校には行かないし、普段見ている感じだと平気そうだから
息子に学校に行くように言ってるんだけど・・・・

なんだかよく分からないよ・・・


ただ甘ったれている様に見えるから、つい何か言いたくなってさぁ・・・」



普段そう言う悩み事には無縁に見えるような人でも
悩みはあるものなんだなぁと思いながら、私は彼の話を聞いていました。



そして病院の先生から勧められ、心理カウンセリングを
お子さんに受けさせたそうです。



「自分で色々と調べて、カウンセリングしてくれるところを見つけて、
予約してもう3回もそこに通わせたんだ・・・


でも全然良くならなかったから、もうしょうがないと思って
諦めてるんだ・・・・」



そこで、私は知り合いに少し問いかけてみました。


「親であるあなたは心理カウンセリング受けたんですか?」



すると彼は心外だというような表情で言いました。


「オレは病気じゃないから息子だけだよ!

病気である本人が受けないと意味ないだろ?

息子は自分はおかしくないと言っているけど、
病名も付いてるし本人しか受けさせてない。」



もちろんそれはそれでごもっともな言葉であって、
心が病んでいる方が受けるのは当然と言うのも分かります。



しかし、皆さんは必ず子供時代を経験して今に至ると思いますが
小学生や中学生、高校生の時などは子供が自由に出来る事が
大人に比べて極端に少ないのです。



外に出かけるにしてもそんなにお金がないですし
自分ひとりでは遠くには中々いけません。



それに未成年では行ける場所や何かを受けるにも
親の同意が必要だったりする事が多々あり、
我慢しなくてはいけない事の方が沢山ある様に感じます。



今回の知り合いの話でも、息子さん自身自分が病気で
おかしいと言う事は一切思ってなく、親からみて目に余る物があり、
病院に連れて行ったら病名がついて、流れで心理カウンセリングまで
強制的に受けさせられたので、息子さんからしてみたら、
すべて親の言いなりに動くほかなかったのではないかと感じました。



息子さんの立場から両親の行動や言動をどうとらえているのかは、
本人に直接聞いたのではないので分かりませんが、少なくとも


「親が勝手に決めた。自分だけを責めてくる。
自分の気持ちを分かってくれてない」


と言う感情が先行して、親が自分の為に色々してくれているとは
あまり思えない心境であることは想像がつくのです。



親はここからここまでやったから後は子供しだい、では
子供が不安に感じたり納得できないのは当然で、
両親も一緒に子供と同じように取り組んでいかなくては
乗り越えられない深刻なケースも多々あるのです。



子供も大人も一人で生きてくことは出来ませんし、
子供は子供と区切ってしまうのではなく、れっきとした
一人の人間として見てあげる事で、相手に必要な事や
自分が出来る事などが、自然と見えて来るように思います。



恋愛や結婚でも、一見理不尽な相手の行為の中に
自分にとって必要な思いやりや気遣いが隠されている事もあるので、
普段の生活が円満に進むようお互いに寄り添える時や協力できそうな時は
積極的に行動できる心の準備をしておきたいものですね。




     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 16:26| Comment(0) | ライフ | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

【わたしのこと】禁煙して2年が経ちました

早いもので、私が禁煙してもう2年が経ちました。


今ではタバコの匂いが敏感に分かる様になってきて、

(タバコって凄く匂うものだなぁ・・・)

とつくづく感じてしまいます。



しかし、テレビなどで喫煙場面が流れたりすると
その時ふとした感覚で「タバコ吸いたいなぁ」と
思ったりもしてしまうのです。



私も禁煙前は十数年喫煙していたわけで、長年タバコを吸い続けた
その行動はしっかりと体にしみついているのでしょう。


ですから、ふとした拍子に吸いたい気持ちが少し蘇るのかもしれません。



喫煙という長年の習慣を断ち切って禁煙するのが大変なように
アルコール依存症の方がその症状を治すために行う「断酒」も
かなり大変で難しいことです。



アルコール依存症を克服するには一生お酒を飲まないで
暮らす以外の道はありません。



しかし喫煙していた方が禁煙して、数年禁煙したのに
また喫煙者になるケースは非常に良くあります。



依存性のあるものから脱却するためには継続的な強い意思が
必要不可欠だと言う事が私も今なら身にしみて分かります。



依存性のあるものを断つという行動は、一人ではなかなか
意志が続かず結局は挫折してしまう事が多々あります。



私も禁煙中は妻にも協力してもらった事もあり
晴れて禁煙する事が出来ましたが、今考えると一人で乗り切るのは
とてつもなく大変なことだったと感じます。



特にアルコール依存症の方々の多くは、ご家族の協力が
中々得られない状況にあるというのが現状だと聞きます。



病院に入院させて、治ったら出てきてね・・・と
後は病院任せになってしまい、退院してもまた飲酒を繰り返して
再発、治らないと言う事は少なくありません。



何かに立ち向かって克服しなければならない場合は、
一人で何とかしようとしても難しいように感じます。



禁煙に取り組んだりアルコール依存症を治療するには、
周りの人の理解や協力、心の支えが必要不可欠なのです。



そして周りの人たちも協力するための方法や決まりを勉強しないと、
苦しんでいる本人を支える事も立ち直らせる事も出来ないのです。



もしあなたの大切な人が喫煙やアルコールを辞められず
一度失敗しているのでしたら、今度はあなたも一緒に協力して
克服方法を考えたりサポートすることでうまくいくかもしれません。



大切な人の健康のために、そしてあなたのためにも
もう一度禁煙、断酒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 20:51| Comment(0) | わたしのこと | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

【結婚生活】結婚生活をよりよく過ごすためのヒント・夫婦3原則

結婚生活とはパートナーと一緒に一生を共にしていくものです。



恋愛をして、またはお見合いで知り合った相手と

「この人となら結婚して新しい人生を歩いて行ける!」

そう思った時、結婚を決めるわけです。



中には「授かり婚」や「成り行き婚」もありますが
最終的には二人が一緒に愛の誓いをして結婚するのです。



しかし私はとあるアンケート結果を目にした時ビックリしました。


『結婚をして良かったですか?』と既婚男性に聞いたところ
満足、幸せ、良かったと答えたのは全体の30%だったというのです。



私も友達や知り合いに同じ質問をした時に
結婚して良かったとの回答は、かなり少なかったです。



『独身のほうが気楽』

『お金や時間が独身の時より自由に使えない』

『一緒にいてつまらなくなってきた』



など、多くの既婚男性が結婚生活に不満を抱いているようです。



確かにパートナーと一緒に長く寄り添っていると
不平不満が増えマンネリ化してくるのは当然の事です。



ただそう考えると、奥さんのほうだって現状の結婚生活に
不満や悩みを抱えているかもしれません。



じゃあどの様にしたら夫婦生活を楽しく過ごしていけるのでしょうか?



急に夫婦生活がガラッと変わる夢のような方法や特効薬は
残念ながら存在しませんが、良くする方法は有ります。



それにはもちろん根気と努力が必要不可欠になってきます。

3日坊主だと良くなる物も良くなりませんので十分注意して下さい!!



これからより良い夫婦生活をしたい、送りたいと願うあなたは
これから私がお話しする【夫婦の3原則】を
いつも心の中に置いておいてください。



夫婦の3原則、それは 『会話・食事・夜の夫婦生活』 です。



まず初めに、夫婦にとって最も大事なことは 『会話』 です。


まずは何よりも感謝の気持ちを込めて
『ありがとう』 ということばを相手に伝えてください。


これは簡単そうで、じつは一番難しいことです。
しかしまずこれが出来ないと、後にも先にも始まりません。


『ありがとう』 さあ、頑張って言ってみましょう!


『ありがとう』 の言葉は会話のきっかけにもなりますし、
よりよい夫婦関係を築くための大切な第一歩です。



次に 『食事』 についてですが、このブログでも何度も書いているように
食事は生きていくうえで絶対に欠かせない事です。



男性をつかむにはまず胃袋から、とはよく言われますが


「胃袋をつかんでも男の心はつかまえられない」

「ただ料理が上手くてもしょうがない」

「妻が料理上手でも夫は浮気する」


などと思っている方もいらっしゃると思います



私はこの胃袋説?に関しては賛成派ですが、確かに

「胃袋をつかむ」ことだけが「男性をゲットできる」というのが

直接には結び付かないと私は考えています。




もし貴女が高級料理のフルコースを一人で食べていたら?

料理は美味しいかもしれませんが
食べていて楽しいと感じるでしょうか?


一人が好きな方は平気かもしれませんが、大抵は

「楽しくお喋りをしながら、美味しい料理を頂く」

というのが気分的にも気持ち良く頂けるのではないでしょうか?



初めに書いた 『会話』 は一番重要で 『食事』 は二番目に重要です。


ここで私が言いたいのは、「会話」だけとか「食事」だけでは
不十分なのであって、『会話と食事で一つ』 だということです。



このように考えて頂くと、胃袋をつかむだけでは
男性をゲットできるとは限らない事が分かって頂けると思います。



『楽しい会話と美味しい食事』 がセットでないと効果は薄いのです。


会話と食事を大切にすることで夫婦がお互い
楽しく過ごせるようになりますので、
じゅうぶん気にかけて頂きたいと思います。



夫婦3原則の最後 『夜の生活』 についてですが、
夜の生活つまりセックスは、夫婦の絆を深め
信頼関係を保つうえでとても重要な要素です。



しかし夜の生活は 「会話」と「食事」のミッションを
クリアーできてはじめて取り組める項目でもあります。



「会話」と「食事」がクリアーできていない夫婦は
まずはその2つからやり直さないと良い方向に行きません。



「会話」と「食事」が日頃から順調に行われている夫婦なら
夜の生活に問題が生じる恐れは少なく、もし問題が発生しても
深刻になる前に夫婦で力をあわせて解決することができます。



しかし、普段の結婚生活からお互いの話を聞かないとか
スキンシップもない、食事は作らないなどすべてほったらかしで
いきなり「夜の生活」では何も良くなりません!


“他がダメでも「夜の生活」さえあれば全てが上手くいく”


と思っていたら大間違いです。

夫婦とはそのような単純なものではありませんので、
くれぐれも誤解のないように願います。



夫婦のどちらかが仕事で疲れていたりお互い時間が合わなかったりで
「夜の生活」に対する気分の違いは出てくるものですが、
月に何日かは二人だけの落ちついた時間を作る事は大切だと思います。



そしてお互いが愛情と思いやりをもって夜の生活を楽しむ事は
夫婦の関係を良好に保つうえで、ほど良いスパイス的な役割を果たします。



いつも一緒にいれば夜の生活もマンネリになりがちですが
少し視点を変えたり、雰囲気を変えたりするだけでも全然変わります。
マンネリ化しないようにお互いが工夫し合って楽しみましょう!




以上、結婚生活をよりよく過ごすためのヒント
【夫婦の3原則】についてお話してきましたが
いかがだったでしょうか?



「楽しい会話」 「美味しい食事」 「夜の生活」 は

長い結婚生活という長距離レースを上手に走り続けるための
大切な3要素だと考えます。



なにかひとつでも貴女の参考にして頂き、今以上に楽しく
有意義な結婚生活を送っていただければ嬉しく思います。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 21:42| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

【女性のあなたへ】ドメスティックバイオレンス(DV)でお悩みの貴女へ

ある時テレビでDV旦那から逃げるお母さんと
子供の映像が流れていました。


どうやらDV旦那から逃げるため専門の業者と一緒に作戦を練って
それを今まさに実行している映像のようでした。


それはDV旦那が出かけている間に作戦を実行するプランで
業者がその母子をサポートしていくという内容でした。


ただ私がその映像を見ている限り突っ込みどころが満載で、
DV対策では決してやってはいけない事も
多々放映されていたのです。



私は恋愛・結婚・夫婦カウンセラーですので
DVに関しての知識はかなりある方です。



しかし生半可な事ではDVの対応はできませんし
思いつきや勢いで行動してしまうと間違った方向に事が進み、
場合によっては大惨事にもなりかねないので本当にたいへんです。



テレビのDV被害の親子は業者さんの手で逃げ出して終わりました。


しかし私が思うに、親子は遅かれ早かれ旦那に見つかってしまい
その先の人生がとても大変な事になるであろう事が想像できます。



まず考えていただきたいのは、自分の妻と子供が
突然いなくなったらDV男はどう感じるでしょうか?



DV男はとても驚くと同時にものすごく逆上します。

妻や子供に裏切られた感が倍増して
何としても妻や子供を探しだそうと
必死に動きまわるでしょう。



そしてようやく妻や子供を見つけた途端、
DV男の怒りが頂点に達し、最悪の事態に・・・・


・・なんて事は現実に良くあるのです。



DV被害で苦しんでいる女性の方へお伝えします。

DV対策では絶対に、DV男の前から突然姿を消してはいけません。

これはDV対策の基本中の基本です。



それに籍を抜かずに逃げてしまっては、その先健康保険や就職、
住民票など色々と面倒なことになります。


結局元の家に舞い戻るしかなく、
昔以上に旦那からの被害がエスカレートしかねません。



そうならない為に無料で相談に乗ってくれるところがあります。


それは皆さんがお住まいの、市区町村にある女性相談窓口です。



詳しく知りたい方は市役所や役場、区役所に
直接問い合わせて頂ければ教えてくれます。



くれぐれもテレビやメディアなどの間違った方法を真似しないで、
市区町村の相談機関に相談する事を強くおすすめします。



また精神面でのサポートが必要な方の場合は、
有料にはなりますがまずはDVに詳しいカウンセラーや
精神科医のほうに相談された方が良い場合もありますので、


(もちろん私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングを
受けていただくこともおすすめです)


できるだけ早くご自分が実行可能な方法を取って頂き
ご自分や子供さんの身の危険から脱していただけたらと思います。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑
posted by 加藤洋一 at 21:50| Comment(0) | 女性のあなたへ | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

【ライフ】もしも○○がなかったら・・

料理をするときフライパンやお鍋がなかったら何で料理しますか?

もし道具がなかったらあなたはどうしますか?



「人間は色々な機械や道具を作れるから偉いんだ!!」

「私はこんな事やあんな事も出来る!」


とおっしゃる方がいますが、私が思うに人間が偉いわけではなく
文句も言わず精密に働いてくれる「機械」が偉いと思いますし、
ねじを回す時はトライバーやレンチなどの道具が無ければ
手でねじを締めたり緩めたりなんて出来ないわけで、
ドライバーという「道具」が偉いと私は感じるのです。



もし機械がこの世から消えたらどうなりますか?

道具がなくなったらどうしますか?

野菜がこの世から消えたら何を食べますか?

空に浮かぶ雲がなくなったら?

明るく輝く太陽がなくなったら?

動物がいなくなったら?

水がなくなったら?


・・・・と少し考えると、それぞれの重要性が
良く分かるようになると思います。


私たちは身近なものほど大切だということを忘れてしまいがちで
身近なものがいつまでもそこにあると勘違いしているのです。



恋や恋愛、結婚や夫婦生活を改善したり悩みを解決したい時、
それ以外の全く違う価値観を見つめ直してみる事で
気持ちが整理出来たり新たな糸口が見えて来るかもしれません。



『もし○○がなくなったら・・?』


あなたが何かに迷った時や悩んだ時この言葉を思い出して
もう一度何が大切かをじっくり考えていただければと思います。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 16:20| Comment(0) | ライフ | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

【男と女】口が立つ女性と暴力に走る男性が共存するには

女性の方で、男性と喧嘩したりすると

「夫を黙らせないと、どうにも自分の気が済まない」

「相手が謝ってこない限り、絶対に許さない」

と男性に対して怒りをむき出しにする方がいらっしゃいます。



その気持ちはごもっともなのですが、
ここですべての女性の方に理解しておいて頂きたい事があります。



それは、男性に何かを問いただす時や真相を明らかにする時には
必ず男性の逃げ場を作ってあげて欲しいのです。



男性同士の言い争いやもめごとがエスカレートした場合、
あなたはどの様な事が起こると想像するでしょうか。


男同士の言い争いやもめごとの先にあるもの、
その大体が最終的には力での争い(暴力)になるのです。



男同士で話し合いのみで解決しようとすると、
運が良ければまあどうにか解決出来ますが、
意見の食い違いがエスカレートすれば
いずれは手や足が出る事はほぼ間違いありません。



女性からすれば男性のそういう行動は
とても幼稚で野蛮に感じられるかも知れませんが、
男性同士の解決策として力でお互いの決着を付ける事は
ごく普通に良くある事なのです。



だからといって女性や子供にまで暴力を振るっていい訳ではありませんが、
もし女性との言い争いや喧嘩で手を上げてしまった場合には
男性が精神的に切羽詰った状態になっている事が考えられます。



※ただし女性にしょっちゅう暴力を振るう男性は
また別の要素が関係している場合がありますので
この限りではありません。



では男性はどうして手を上げる方向に動いてしまうのか?

と女性の方は疑問に思う事でしょう。



その理由に 『男性は女性に口ではかなわない』 と言う事があります。



喧嘩や言い合いで女性に勝てる男性はほとんどいませんし、
もちろん口達者の男性は居ますが、ハッキリいって
そんなに多くはいないように感じます。



ですから女性と言い争った時に男性が追い詰められて
どうする事も出来ない時の最終手段として
手や足が出てしまう(暴力になる)のです。



もう一つの理由は『男性は遺伝子的に攻撃的な生き物である』
という事が関係しています。



ですから、男性が女性との言い争いでどうしようも出来ない場合など
自分を守るために自然と攻撃的な性質が強く表れて
暴力に繋がる事があります。



よくある話としては、女性が男性を執拗に言葉で追い詰めたり
責めたりすると、男性がその場を切り抜けるために
暴力で応戦してしまうというパターンです。


女性からしてみたら非のある男性側を責めたいのは当然でしょうが、
その代償が思いのほか大きくなってしまう事もあるのです。



ですから、もし男性に対して許せない事がある場合でも
ある程度まででお仕置きや攻撃はやめておいて、
男性が逃げられるよう少し配慮して頂けたらと思います。



それが、この世の中で口が立つ女性と暴力に走る男性が
うまく共存していくためのコツでもあると思います。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 18:25| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

【カウンセリング】誰でもできることのようで・・

女性なら恋人に手料理をふるまったり、主婦の方なら
ご主人の為にお料理をされている方は多いと思います。


簡単な料理でしたら男女年齢問わず誰でも出来ますし、
料理を作るのに特殊な技術や資格は必要がなく
無断で料理を作ったとしても捕まる事などありません(当たり前ですが)。



ここでレストランや飲食店の料理を少し思い出して下さい。

少なからず、皆さんの心の中や思い出の中に

「あそこの○○料理美味しいんだよなぁ~」
「あのお店の○○料理よりもおいしい物を、他の店で食べた事無い」

など思い浮かぶ料理があるのではないでしょうか。


一度食べてもう一度家庭で再現しようとしても上手くいかなかったり、
全然同じように作れなかったり、聞いたまま見たままに作っても
なぜか違う料理になってしまう・・・なんて事は私も良くあります。



では、どうしてお店のように作れないのか・・・

それはお店では素人料理ではなくプロの料理人が作っているからです。
素人がプロの味を出す事はそうそう簡単ではないということでしょう。


家庭料理は簡単に誰でも出来ますが、プロの料理人と素人では
調理の技術や使用する食材の差があるのは当然で、
それ以外にも最も重要な要素が隠れているものだと私は感じます。


それは何かと言うと、料理をされるのであれば
料理の「素質」や「感性」が最も必要だと思うのです。


素質とは生まれつき備わっている天性のもので
分野によっては素質が無い人がいくら頑張っても
超えられない壁があるのも事実です。


感性とはいわば第6感的な、その人独自の個性的感覚です。
料理であれば味つけや食感、料理の彩り、盛り付け方などに
料理人の個性的な感性が表現されユニークな料理となるわけです。



ですから、誰でも出来る事でもその道のプロとなるには
天性や感性を磨いていく必要があり、それがいわゆる修業です。


もちろん天性の素質や感性があったとしてもそれを生かすか殺すかは
本人次第ですから、そういう意味では天性があってもなくても
最終的にあまり大きな差は出ないと考えてもいいかもしれません。



カウンセリング業界でもそれと同じことが言えます。


簡単な身の上相談なら若い方からお年寄り、友達や知り合いの方など、
ある程度は日常的に相談したりされたりしていることと思いますし
皆さんも相談する側・される側と両方の経験があるのではないでしょうか。


ですので特別な技術や知識が無くてもカウンセラーめいたことはできるし
カウンセラーになる事自体が簡単な事だと沢山の方が感じていると思います。



しかしプロのカウンセラーとして活動するにはやはり
天性の素質や独自の感性を磨き続けなければ通用しません。


私の場合は恋愛・結婚カウンセラーになるために
専門的な勉強もしましたし自分がカウンセリングを受けた経験もあります。


もちろん私はカウンセラーになっても勉強は続けていますし
カウンセリングに必要な感性を磨き続けています。




また私の言葉が強い説得力を持ち相手への影響力も大きいことが
カウンセリングを行ううえでとても役に立っています。



というのも、これは妻や友人のおかげで気づくことができたのですが
明らかに「そんな話は無い」と言う内容の冗談であっても
私が話すと冗談に聞こえない事があるみたいなのです。


「あなたの言葉には力があるから冗談に聞こえないんだよ」
「あなたの言うことは皆が本気にしちゃうから気をつけて物を言ってよね」


正直最初のころはどういう意味かよくわからなかったのですが
妻から何度もそう言われてようやく、自分の発言にはそれだけ
周囲に対して影響力があるということに気づかされたのです。


(これは私の言葉で誤解されないようにしなくてはいけないな・・)

と気をつけるようになったと同時に、
この自分の素質を活かして悩んでいる人や困っている人に対して
勇気や希望、元気を与えることができるのでは、と思うようになり
恋愛・結婚カウンセラーとして活動しています。



私が思うにカウンセラーとして絶対に必要不可欠なこと、
それは「相手の心に響く言葉」をかけてあげられる事です。


いくら素晴らしいカウンセリングをしても、
いくら有名な方にカウンセリングしてもらっても、
心に響く言葉を言えなかったら(もらえなかったら)
カウンセリングの意味はほとんど無いのだと感じます。


私の恋愛・結婚カウンセリングでも
どんな言葉が相談者の方の心にいちばん響くのか、
どんなふうに声をかけてあげたら相談者の方が元気になるのか、
その点を第一に考えながらカウンセリングを行っています。



一見誰でも出来るような事こそ実は一番奥が深く、
そして一番難しいものでもある様に思います。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 17:51| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

【カウンセリング】浮気・不倫・婚外恋愛してたら叱られちゃいますか?

浮気・不倫・婚外恋愛で悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。


私の処に来られる相談者の方にも、
交際相手が浮気していて浮気をやめさせようと困っていたり
自分が婚外恋愛中で今の状況をどうしたらいいか悩んでいるなど、
それ以外でも色々な相談があります。


このブログを読んで下さっている方の中には
恋愛・結婚カウンセラーである私が浮気や不倫、婚外恋愛について
良しとみているのか、それとも良くないこととみているのかが
気になる方も多いのではないでしょうか?


また、私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングを受けた事が無い人にとっては

(婚外恋愛の相談だから、非常識だと怒られるかも・・・)

(浮気なんて絶対にやめろと諭されるのではないか・・・)


など、浮気や不倫・婚外恋愛は決して賛成されない事柄だと
感じている方も少なくないでしょう。



しかし、安心してください。私の本心でいいますと、
浮気・不倫・婚外恋愛自体を 『絶対に悪いことである』 とは
決めつけてはいないのです。



また私の恋愛・結婚カウンセリング自体が基本的に相談者の方を
諭したり、正したり、強制したりするものではありませんし
どんなケースにおいても相談者の方の気持ちを第一に尊重しています。


それに、生きていれば若くても年をとっても、
たとえ結婚していてもよそ見をしてしまうのは動物や人間も皆同じで、
恋や恋愛をこの世からなくす事は不可能なことでもあります。


ですから、相談者の方が
「浮気相手の人と一緒になりたい」 と思うのであれば
一緒になれるように全力でサポートしますし、
「浮気相手から恋人を取り戻したい」 と言うのであれば、
取り戻せるようにサポートさせて頂いています。


『それじゃあ、どっちつかずじゃないの?
都合がいいカウンセリングじゃない?そんなのありなの?』

と感じる人は多いかもしれませんが、私の場合はいかなる場合も
相談者を主体に進めますので、このスタイルは変わりません。


それに、相談者の方をただやみくもに応援するだけの
カウンセリングを行う訳では決してなく、
相談者様が現在置かれている立場を考慮したうえで
これから先相談者様に待ち受けているであろう
浮気・不倫・婚外恋愛のリスクや考えうる深刻な状況を
専門カウンセラーの立場からしっかりとご説明しますし
必要であろう事ははっきりとお話しさせて頂きます。


そうでなければただ相談者の方を危ない目に遭わせているのと
一緒になってしまいますから、浮気・不倫・婚外恋愛の方の相談は
より慎重にカウンセリングを行わなくてはなりません。


そしていかなる状況にあっても相談者の方が自分らしく堂々と
人生を歩んでいくことができるように、恋愛・結婚カウンセラーである私は
相談者の方を勇気付け、サポートする責任があるのです。


この点が友人知人に相談するのと専門家に相談するのとでは
非常に大きな差が出てくる点だと思います。



もし、浮気や不倫・婚外恋愛でご自身の現在の状況や判断に自信が無い方、
他人に責められたり悪く言われたりしないで冷静に見つめ直したい方は、
当方の恋愛・結婚カウンセリングで心の整理をして
スッキリした気持ちを手に入れてみませんか?



貴女が心からの幸せを感じて前へ進んでいけますように
恋愛・結婚・夫婦問題専門の心理カウンセラー 加藤洋一が
貴女の納得がいくまで、何時間でも丁寧にカウンセリングいたします。


≪恋愛・結婚・夫婦カウンセリング ご相談料金≫

当方の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングは時間無制限です。
お客様のお好きな時間だけご相談いただけます。

1時間まで ¥10,000円
2時間まで ¥20,000円
3時間まで ¥30,000円

3時間以上の場合 1時間毎に¥5,000円
加算させていただきます。



恋愛・結婚・夫婦カウンセリングのご予約、お問い合わせは
TEL:0465-43-1924(電話受付10時~19時)
恋愛・結婚カウンセラー 加藤洋一までお電話ください。

Eメールでのお問い合わせはこちら



〒256-0803 神奈川県小田原市中村原706
 
恋愛・結婚・夫婦カウンセリング 和みの滴 加藤洋一




貴女からのカウンセリングのお申し込み、
ぜひお待ちしています。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑








posted by 加藤洋一 at 16:23| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

【びっくりしたこと】そんなことあり得るの?あるタロット占い師の話

以前、色々なジャンルの方が参加するイベントに出かけた時のことです。

そのイベントには男性女性様々な出店者の方がいらっしゃいました。


会場は全体的に女性客が多く、男の私はちょっと場違い?の様な気持ちで
会場をぶらぶらしたりしながら、何か面白い物はないかと探していました。



すると一人の女性タロット占い師さんが目に留まり、私は少し話しかけてみました。


私「そのタロットはマルセイユタロットですよね?」

占「えっ?と・・・マルセイユ??・・・いや、そんなんじゃないですね(困)」

私「えっ!マルセイユタロットじゃないんですか??じゃあ何ですか??」

占「・・・。これは良く分からないんですが、先生(教えてくれた先生)が使ってたのと
同じ物を使っているので、アメリカ?のかもしれません。」

私「・・・すいません。失礼します・・・・」


私がその占い師さんに「マルセイユタロットですよね?」と聞いたのには理由があります。

それは、そのタロットと全く同じ物を妻が持っていて普段良く使っているので、
親近感がわいたので話しかけてみたのでした。


しかしその占い師さんは自分がどこの何を使っているのかさえまったく知らないで、
なお且つ鑑定料を取ると言うミラクルを行っていたのです。


それを目の当たりにして私はとてつもなく驚きましたし、がっかりしてしまいました。


例えて言いますと、自分の乗っている車がどこのメーカーで何と言う車種なのか?
と聞かれた時に、車を所有されている方でしたら女性や主婦の方でも
どちらかは答えられるものです。


しかしその占い師さんは、残念ながら普段使っている一番重要なタロットカードの
名前も銘柄も一切知らないと言う状態だったのです。


もちろんカードの名前を知らなくても占い方を知っていれば占えるのでしょうが、
果たしてそう言うのはどうなのだろうか?と考えさせられてしまいます。


あなたは、そんな占い師に鑑定してもらいたいと思うでしょうか?


私は自分が使っているカードの名前も知らないような占い師さんには
見てもらいたくないなぁ~と思い、その場を静かに立ち去ったのでした。


妻にこの話をしたら
「まさかお客さんからカードの銘柄を尋ねられるなんて思いもしなかったでしょうよ。
そんなお客さんはあまりいないだろうから占い師さんは相当びっくりしたと思うよ」
と笑っていました。


(え、私の行為は迷惑だったのかな・・?)


いや、タロットを扱う占い師さんなんだから最低限カードの銘柄や
歴史的背景くらいはきちんと把握しておいてもらいたいものですよね。


こんなことってあり得るんだ・・・驚きとショックの体験でした(笑)

     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 17:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

【女性のあなたへ】再婚生活を幸せにするためのヒント

あなたがもしバツイチでも、次の結婚で幸せな結婚や夫婦生活が送れれば
それに越した事はありません。


当方の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングで目指すのは
あなたが幸せな生活を送れるようサポートすることです。
何よりもあなたの幸せを第一に考えてカウンセリングを行います。



あなたが離婚したくないのであれば離婚しないで済むように改善策を考えますし、
あなたがすでに離婚した方の場合は次に結婚する為のサポートが必要なのか
あなた一人あるいはお子さんと一緒に生きていく覚悟なのかによって、
私がお話しする内容もカウンセリングの方向も全然変わってくるので
私の話す内容は全てお客様によって異なり同じ答えにはなりません。



結婚したのに離婚してしまう理由は人それぞれですし
離婚するにせよしないにせよ、あなたが幸せになる事が重要なのです。



離婚して2度めの結婚、つまり再婚をされる方は、
以下のような3つのタイプに分かれる傾向にあるようです。


①前の結婚相手にとても似た方と再婚する
②初めの結婚相手とは全然違うタイプの方と再婚する
③その時の流れや勢いで再婚する




離婚した方が選ぶ再婚相手の傾向で一番多いのが、
再婚相手と別れた相手とがそっくりなパターンです。


前の結婚相手にとても似ている人と結婚するタイプの方は、
前の相手にまだ未練があったり、その様な相手が恋しかったり
似た相手でないと精神的に落ち着かないなど、やや依存型の傾向がみられます。


こういう方は前の結婚相手と似た雰囲気の人と一緒になる事で
一時は安心するものの、いずれまた離婚と言うケースに陥りやすいので
カウンセリングで依存傾向をやわらげながら日々の生活を安心して送れるよう
時間をかけてていねいにサポートしていきます。



次に、初めの結婚相手と全然違うタイプの方と結婚している人は、
前の結婚の二の舞になりたくない!と言う心理的な反動から
前の相手とは全然違う人を選んだら上手くいくかもしれない!と言う
妄想型の落とし穴にはまってしまっている事があります。


こういうパターンの方は再婚への妄想的な理想と現実とのあいだに
大きなギャップが生じ、初婚以上に悩み苦しむ方も少なくありません。
カウンセリングではこうした心理的な反動を抑え込むのではなく
ご本人に自覚を促し徐々に落ち着きを取り戻していくようサポートします。



最後に、その時の流れや勢いで再婚する方がいらっしゃいます。
それも周りから見たらちゃんと考えたのか?と目を疑いたくなるような
とんでもない(?)相手だったりすることも・・


このような方はもう周りが何を言っても軌道修正する事は出来ませんが
かえってそれが功を奏し素晴らしい再婚生活を過ごしている方もいらっしゃいます。



以上、おおまかな3つのパターンを簡単にご説明してみました。
あなたはいかがだったでしょうか?当てはまるものはありましたか?



もちろんこの3つのパターンが全てではありませんので、
あなたに当てはまるものがなくてもご安心くださいね。



2回目の結婚を失敗しない為のヒントはこのブログの中の
あちこちに書かれています。
あえてここには書きませんので、ぜひ探してみてください。



簡単に手に入る物は心に残りませんが苦労して身に付けたことは絶対に忘れません。
少し苦労してブログを読み返して頂いて、専門カウンセラーからのヒントを
ご自分のものにしてもらえたらと思います。



どうしてもヒントがわからない!というあなたはぜひ直に
私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングを受けにいらしてください!


ご相談お待ちしています!



     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 16:20| Comment(0) | 女性のあなたへ | 更新情報をチェックする