2015年03月21日

【男と女】夫婦のナゾにはワケがある

こんにちは。


和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。






私の知人女性のAさんは、私から見たら
約70%以上の確率で離婚しそうな人でした。




(あくまで私基準です・・・)





でも、そのAさんは離婚するどころか、
とても幸せな夫婦生活を送っていて、
子供さんにも恵まれていたのです。







(・・なぜ・・・?)




以前の私は、知識や経験、観察眼、直観、
自分の持てる全てを総動員して分析しても
その答えを中々見つけることが出来ずにいました。





ただ、私も時を重ねるに従い、
その疑問の答えが分かるようになってきたのです。






そうです、Aさんの 『配偶者』 が、
夫婦円満の重要なカギを握っていたのです。





それまでの私は、女性のAさんだけに気を取られ
Aさんの旦那さんのことは見ていませんでした。




私から見てAさんには、
結婚生活に不可欠な要素が
いくつか足りていないように
見受けられたのですが、
それをAさんは旦那さんから
補っていたというわけなのです。





多分ですが、Aさんご本人は、
自分に何かが足りてないという自覚も無く
ましてやそれを旦那さんから補おうというような
気持ちは、ほとんどなかったと思うのですが、
旦那さんの側に立って見てみると
実生活の中でAさんが色々と旦那さんから
補ってもらっている様子が見受けられました。





旦那さんのほうもAさんに与えている気持ちはなく、
Aさんも旦那さんに与えられている感覚がないので、
お互い気付かない間に、知らず知らず
良い方向に作用しているのが感じ取れました。






夫婦関係というのは相談者(片方)だけでは
安易に判断できない、確実な事は言えない、
相手の性格や特質も大きく影響してくるのは
当然私も分かっているつもりです。




しかし・・・



自分に足りないものや
補わなければいけないものが何なのか?





自分ではそれが分からなくても、
それを自然と補ってくれる相手がいれば
それはそれでじゅうぶん良好な関係を
保っていくことが可能なのです。




そういう意味では、Aさんはとても
良好な夫婦関係を築いていると
言ってよいのでしょうね。





・・あなたとパートナーの関係は、いかがですか?





ウチの場合は・・・内緒です(笑)







posted by 加藤洋一 at 17:10| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

【男と女】熱中症対策で恋愛・結婚・夫婦の関係性もよくなる?!

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



ここ最近、関東では急激に気温が上がる日が多くなりましたが、
あなたのお住まいの地域はいかがですか?

体調など崩されていませんか?



私は寒いのがとても苦手で、寒い季節を思い出すだけで
ブルブルと震えが来てしまいます・・(^^;)



また私は5月生まれというのもあるせいか、
これから夏に向かって温かくなるこの時期がいちばん
自分の気持ちや体調が上向きになるように感じられます。



しかし、真夏は真夏で熱中症や食中毒など、
知らず知らず脱水症状に陥る危険性が高くなるので
その点は注意が必要ですね。



私はこれまで熱中症で倒れたりした事はないのですが
やはり年々確実に歳をとっていますので、
意識して気を付けないといけないなーと感じています。



そんな暑い季節の体調管理のポイントといえば、
ズバリ 『水分補給』 ではないでしょうか。



暑いから、汗をかくからといって
冷たい水やジュースを一気にがぶ飲みすると
必要以上に体を冷やしてしまいますし、
食べ物の消化吸収にもよくありませんよね。



ですので、体液の組成により近いとされるもの・・

たとえば、スポーツドリンクなどをこまめにとるのが良いようです。



ただし、スポーツドリンクにはわりと糖分が多めに入っているので
2~3倍に薄めて飲むのがより望ましいという話も聞きます。



そのほか、あなたもすでにご存知かもしれませんが
『塩あめとお水』 の取り合わせも、手近な方法ながら
暑い時期の水分補給に効果があるそうですよ。



ここで重要なのは、スポーツドリンクにも塩あめにも


『糖分と塩分の両方が含まれている』


ということです。



甘い成分としょっぱい成分・・


一見相反する性質を持った糖分と塩分のどちらもが
私たちの体には必要不可欠な要素であり、
かつどちらかが多すぎても、また少なすぎても
私たちの体は効率よく水分補給ができないのだそうです。



つまり、私たちが 『水分』 を効率よく補給するためには
水分だけを摂取してもダメで、『糖分』 と 『塩分』 の両方が
適度なバランスで水の中に存在する事が不可欠なのですね。



恋愛や結婚、夫婦の間でも、これと似たような事が言えるかもしれません。



つまり、恋愛・結婚・夫婦という関係性(水分)を
よりよいものに築きあげていくには、
そしてさらにその状態を長い年月維持していくためには、
お互いが持つ様々な要素(糖分や塩分)が
バランスよく含まれ、各要素の持っている機能や特長を
上手に発揮することが不可欠だ、と私は思うのです。



もしあなたが現在、恋愛や結婚、夫婦の問題で
お悩みを抱えている状況なら、


「決定版!絶対にうまくいく恋愛メソッド」

「これでカレ(カノジョ)の心は生涯あなたのモノ!」



などの甘~い誘い文句に、ちらほら目を奪われることも
少なくないのではありませんか?



たしかに一時的には、何らかのメソッドやノウハウが
効果的に働き、お互いの関係性がぐっと縮まると
いうことも、決して無い話ではないでしょう。



しかし、男女の関係性のあらゆる状況に通用するような、
いわゆる万能な方法というのは残念ながら存在しません。



この点は、あなたも十分ご承知のことと思います。



恋愛、結婚、夫婦における二人のバランスは
その時々ケースバイケースでどのようにでも変化します。



そのバランスの変化にいち早く気づき、
お互いによりよい方向へと修正していけるかどうか。



あるいは二人のバランスに少々の変化があっても、
お互いが焦ることなくどっしりと構えていられるかどうか。



やはり最終的には自分たちで、自分たちに合った
バランスの取り方を見つけていかなくてはならないのです。



そのためにも、お互いの持つ特長や要素にもっと関心を払い、
自己主張ばかりに終始せず、また相手の価値観を侵害しすぎず、
ほどよい距離感をキープしあうことが
重要なのではないかと感じます。



恋愛や結婚、夫婦においてお互いのもつ様々な要素が
節度を保ちながら調和しバランスが取れた状態、
つまり二人の関係性(水分補給や消化吸収)がうまくいっている状態とは
いったいどんな状態なのか?



この機会にもう一度考えてみてはいかがでしょうか?










posted by 加藤洋一 at 13:50| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

【男と女】皆が皆、同じじゃない!あなたに合った解決方法があります

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



ある日テレビで、夫婦仲を解決?修復?するような番組を見ていて、
色々な出演者の方がああじゃないとかこうじゃないと
言い合っている中で、あるカウンセラーの様な専門家?の人が



「夫婦で仲良く一緒の事をすれば、二人の関係も良くなる事がありますよ!」



と簡単に言っているのを聞いて、妻が一言つぶやきました。



「夫婦仲が悪くなって会話が一切ないのに、
夫婦一緒に何かスポーツとかレジャーとかが出来るんだったら、
夫婦仲がそもそも悪くならないと思うけど・・」




妻の意見は全くごもっともなことだと、私も思います。



恋人や結婚相手と楽しく毎日を過ごしていきたいと思うのは、
誰でも本心から願っていることだと思います。



しかし、些細なことからお互いの気持ちにすれ違いが生じ、
それが積み重なっていくと徐々に関係が悪化し始めます。



そんなぎくしゃくした関係をずるずると続けたあげく、
気が付いた時はもう二人の仲は修復不可能になっていた・・・



そういったパターンは決して珍しいことではないのです。




以前私も当ブログで、夫婦や恋人と一緒に
共通の体験をすることをおすすめする内容の記事
体験を共有して親密度アップ!を書きましたが、
これはあくまで日頃の関係をよりよいものにするうえで
おすすめしたい方法なのであって、
関係が悪化している場合にはとてもおすすめできません。




恋人仲、夫婦仲が悪いのに二人が同じ事をするのは
かなりストレスが多く大変なことであり、
そもそも仲が悪くなっているのに、
一緒のことが出来るのかと言うと、
正直不可能に近いのは言うまでもない様に思います。



そんな状況の中で、二人の仲を修復させる為に
お互いが無理して同じ事をすれば
元のように仲良くなるものでしょうか?



私としては、ちょっと疑問を感じます。



それどころか、そうする事でお互いが
今よりも激しく対立しあう可能性さえあり得ます。



専門家やカウンセラーという立場にある者が
本当に困っている人たちに対して
簡単で安易なアドバイスや提案をすることは
時として逆効果になる危険性もあることを
頭に置いておかなくてはならないと思います。




それと、ある人が成功した体験談や成功方法が
誰にでも通用するかと言ったら、
その解決方法が合わない人もいるのです。



常識的にはあまりお勧めできない方法がその人に合ったり、
全然効果がなさそうな、一般的ではない方法が
人によっては効果絶大だったりする事もあります。




あなたも、皆が良く言うやり方だからとか、
ネットで調べたらよく出てくる方法だからとかで判断せず、
それとは別に自分に合う方法を見つけることをお勧めします。



あなたに合った解決方法が、必ずあります。



恋愛結婚夫婦専門のカウンセラー 加藤洋一と一緒に
あなただけの解決方法を、探してみませんか?

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 16:40| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

【男と女】食に潜む意外な落とし穴?!

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



今回は『食』と男女の関係についてのお話をしたいと思いますが、
できましたら今回の記事をお読みになる前に

『体験を共有して親密度アップ!』

『かかあ天下、女性社長、女性実業家の皆さんへ』


の2つの記事をもう一度じっくりとお読み下さい。



今回はこの2つの記事の続編の様なお話になりますので
よろしくお願いいたします。




唐突ですが、あなたは

『ある職業』に携わる人は離婚する確率が高い

という衝撃の事実をご存知でしょうか?



製造業やサービス業、運送業やIT業、公務員や医療関係など
沢山の職業がありますが・・・


あなたはどの職業が離婚しやすいと感じるでしょうか?



これは私が調査したわけではないのですが、
ある処の調べによると、他の職業に比べてダントツ離婚しやすい、
つまり離婚率が非常に高い職業の存在が浮かび上がったのです。



それは何かと言いますと・・・・

なんと 『料理人』 の職業です。



しかし、その調査団は別の調査をしていたら偶然分かった事で、
専門家の人がピンポイント調査したわけではないので、
なぜ料理人の方たちが離婚しやすかったのかは分からないものでした。



なので、ここからは私がその理由について、
私なりの考えで説明していきたいと思いますので
どうぞ最後までお付き合いくださいね。



そもそも、日本国内で料理関係の仕事
(パテシエや洋食、和食、イタリアンなどを合わせて)に
携わっている男女比はどのくらいなのでしょうか?



これも、日本国内の正確な人数は分からないと言われていますが、
料理界全体(全ジャンル)での男女比は、
男性が全体の7割で後の3割が女性だと言われています。



私の中では料理をするのは女性というイメージが強かったので、
料理界で男性の比率が7割だと知って少し驚いたものでした。



しかし確かに良く良く考えてみると
イケメン料理人がバツ2だった、なんて話もありますし


「男性料理人の名前をあげてみてください。」


と言われたら、私でも結構多くの有名な方が頭に浮かんできます。



逆に女性の料理人はと言うと、中々思い浮かばない様に思います。




そんなことからも料理界は男性社会に近いものだと言えるでしょう。




ところで、私もブログで料理についてたまに書かせて頂いてるのですが、
私は男性に対して料理をした方が良い、と言う事は一度も書いていません。



むしろ男は料理を趣味にすべきではない事を、ここで強く言っておきます。


(料理が職業の方は例外ですが)




もし、このブログを読んでいるあなたが男性で
職業(料理人)でもないのに料理に凝ったり、
趣味として追求を始めたりしているのでしたら、
そんな事からは一刻も早く手を引く事をおすすめします。



少しでも心当たりある男性の方は何年も彼女がいなかったり、
出会いが疎遠になったり、彼女と一緒になっても直ぐに別れたり、
すでに夫婦間の関係が冷めきったり、すれ違っている可能性が高いかもしれません。



そして、料理好きな男性とお付き合いしようとしている女性や
もうすでに一緒になってしまっている女性の方達にも、
色々と注意が必要だとお伝えしておきます。





実は、料理に凝る男性の方というのは、彼女が出来なかったり
一緒になっても長続きせず直ぐに別れたりする傾向にあり、
また料理好きな男性がパートナーである女性の場合は
すれ違いが多かったり関係に溝が生じやすいのです。




長く私のブログを読んで頂いている方や勘が鋭い方達は、
もうすでにその理由が薄々と理解できているかもしれません。




もちろん、現時点でその理由が分からない方も、ご安心ください。
いまから私がその理由を詳しく書いていきますね。




ここであらためてもう一度言います。


男女の関係を良好に保ちたいのならば
男性は料理をすべきではありません。



ではなぜ、男性は料理をしない方が良いのかと言いますと、
これも男性のプライドが大きく関係してきます。




男性は一点集中の追求が得意である事は
あなたもお分かりだと思いますが、さらに言えば
ひとつの物事を完璧にこなそうとしたり、
その事に凝ったり極めていく事が得意なのが、
男性の典型的な特徴です。



例えば車をこうされるとイヤとか、マイルールが超強かったり、
変な屁理屈があったりなど・・・


あなたの周りの男性でも、思い当たる事があるのではないでしょうか?




そんな特徴を持つ男性が料理を追求したり凝ったりしたら
どこに支障が来るでしょうか・・・



そうです、彼女や奥さんが作ってくれた料理をあれこれ批評したり、
味の分析がどうのとか盛り付けがどうのと言い始めるのです。




そうすると、まるで料理の試験官のような立場を取ってしまい
彼女や奥さんがせっかく作ってくれた手料理を
素直に美味しく味わって食べることができなくなり、
それが原因で二人の関係がすれ違う可能性が出て来てしまうのです。




料理人の方は最高に美味しい料理をお客様に提供することが喜びであり
まずい料理を出すんだったら作り直すくらいの厳しい姿勢で
料理人としての高いプライドをもってお仕事をされていると思います。




ですから、中途半端な料理が出て来て我慢して食べる様な妥協心を
料理人の方が持ち合わせていないのは、あなたも想像がつくでしょう。




しかしこれが一般家庭の食卓で起きたら、どうなるでしょうか?



女性からしたら

「だったら私が作らなくても、自分で作ればいいじゃん!」

と思うと思います。




そして、男性のほうも

「それだったら自分で作るからいいや!」

となってしまったら、売り言葉に買い言葉で楽しい食卓は実現しません。



その先には別れしかなくなってしまうのです。




もちろん、男性が料理をしても男女の関係が壊れない
そんなカップルは沢山いらっしゃいます。




しかし、男女の役割がカブると必ず対立があるものです。




そういた意味を込めて、以前の記事『体験を共有して親密度アップ!』では
お互いの力の差が出ない事を共有しましょう、と書きました。



彼女も彼も料理人ならお互い意見や方法を共有出来るのでは?
と思われがちですが、それでもいずれはお互いの主張の食い違いや
こだわりが出て来てしまい、良い関係を続ける事が出来なくなってしまう
可能性がないとは言えないのです。




そして、衣食住は生活の中で絶対に切り離せない重要な事であるとも、
過去の記事に書かせて頂きましたが、今回のテーマにもある通り
「食」はとても奥深いもので、誰でも必ず食べて行かなくては生きていけませんし
その重要な「衣、食、住」の一つの項目の中にある「食(食事)」で
恋人や結婚相手、夫婦間で意見の食い違いやすれ違いや喧嘩があるのでしたら、
その人たちの行く末は厳しい状態になってしまう事が考えられるのです。




では、そうならない為にどうすればいいのか?

それは対立しない様にすれば良い事ですが、その方法は
それぞれのケースによって違います。




ここに書きたい気もするのですが、色々な状況によって
解決方法が異なりますし、あなたが自己判断でその方法を安易に試して
変な方向に行かれては困るので、あえてここには書かないでおきます。




すでに男女関係に失敗してしまった方や、これから二人の関係を良くしていきたい、
改善したいのであれば、やはり専門家の意見を頼ることも必要だと思います。



困っているあなたの力になりたい!


そのために、恋愛・結婚・夫婦カウンセリングがあるのですから。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 17:05| Comment(2) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

【男と女】かかあ天下、女性社長、女性実業家の皆さんへ

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



前に【ストップ!女性の『男性化』】と言う記事を書かせて頂きました。
まだ読まれていない方はもう一度読んでみて頂けたらと思います。




その記事も踏まえて今回は、男女関係がうまくいかない可能性が高い
女性の特徴について、私が思っている事を書いてみたいと思います。



それはズバリ、かかあ天下や企業の女性社長、
女性実業家などの方たちは相手の男性と長続きしなかったり、
良い夫婦関係が築けなかったり、正常な男女関係にならない場合が
非常に高いのではないかと私は考えています。




今までのブログ記事にも何回も書きましたが、
男性はプライドの生き物ですし、大体の家庭では男性が外で働き、
女性が家を守ると言う構図ができていて、男性は家族の為に働いて
家族を養う事で、男性のプライドが保たれているとも言えます。



家庭や仕事で女性が上位に立ってしまったりするのは、
色々とバランスが取れなくなってしまう要因に繋がってしまうものなのです。




特に、彼女や妻が実業家で彼や旦那さんよりも断然収入が多かったり、
家庭での男性の地位が低かったりする場合は、
お互いの関係がうまくいかない事が多いように感じます。



「私の方が彼(夫)より稼いでいるけど、
二人の関係は全然問題ない。これはどう言う事なの?」


と言われる女性もいるかもしれませんが、
はっきり言ってそういう状況でうまくいっているカップルは
とても少ないというのが事実です。



場合によっては、女性が大黒柱になったほうが
男性(彼、夫)との付き合いがうまくいくこともあるのでしょうが、
ごく稀なケースだと私は考えています。




世の中には多くの社長さんや実業家のかたがいらっしゃいますが
基本的にはまだまだ男性優位の社会です。


しかしたとえ男性であっても組織のトップに立つことは
そうそう簡単な事ではないですし、
お金があるから代表取締役になれるとかでも、
良い人だからなれるわけでもない、たいへん厳しい競争の世界です。




ましてやそんな男性社会の中で、女性が社長や実業家として
頂点を極めるには、よほどの確固たる決意や考え、計画性や予測がなくては
会社や企業を起こしたり存続していけるものではないですし、
自分の信念や考えをしっかり持っていないと、女性だからどうだとか言われたり
周りの意見に流されてしまったりして潰れてしまう事もあるのだと思います。



ですから、女性の実業家さんや女性の社長さんというのは
少し考えただけでも、相当タフな方達であろうと想像がつくわけです。



そしてさらに勘が鋭い方は、ここであることに気付いたかもしれません。



そうなんです・・・


つまり、多くのかかあ天下、女社長、女性実業家の方達には


『男性気質(戦闘・競争気質)の考えや気持ちが強い傾向にある』


という大きな特徴が共通しています。




ここで誤解のないように申し上げておきたいのですが、
私は決して女性のかかあ天下、女社長、女性実業家がいけないと
言っている訳ではありません。



そういった女性達はとかくご自分の男性気質(戦闘・競争気質)を
恋愛や結婚生活にも無意識的に持ちこんでしまいがちで、
その点が男女関係をこじらせてしまう問題点なのではないかと
私は常々考えているのです。



あなたはいかがでしょうか?



仕事で男性と対等に(あるいは男性以上に)頑張ったり
競争し勝ち進んでいくことはある程度は必要なことでしょうし
ご自分の人生のモチベーションにもなる事と思います。



しかし仕事での競争気質や戦闘モードを、恋愛や夫婦関係にも
ついつい持ちこんでしまってはいないでしょうか?




・・・うちの夫婦はうまく行っているから大丈夫?

・・・彼は私の事を分かってくれているから安心?



本当にそうでしょうか?

それはあなたがそう思い込んでいるだけでは?


彼氏や夫は、あなたが怖いからじっと我慢しているのかもしれませんよ。




メディアなどで女性社長や女性実業家のお付き合いとか
結婚話を良く目にしますが、


・・この人達もうまくいかないかなぁ・・・


と思いながら見てしまっている私がいます。

(余計なお世話ですね)




そう言う訳で、かかあ天下、女社長、女性実業家の方には
ぜひこの記事を読んでいただき


「こんなの当てはまるわけない!!嘘だ!」


とおおいに奮起して頂いて、私が書いた記事の通りにならないよう
素敵な恋愛や幸せな結婚生活を送って頂けたらと思います。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 18:45| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

【男と女】口が立つ女性と暴力に走る男性が共存するには

女性の方で、男性と喧嘩したりすると

「夫を黙らせないと、どうにも自分の気が済まない」

「相手が謝ってこない限り、絶対に許さない」

と男性に対して怒りをむき出しにする方がいらっしゃいます。



その気持ちはごもっともなのですが、
ここですべての女性の方に理解しておいて頂きたい事があります。



それは、男性に何かを問いただす時や真相を明らかにする時には
必ず男性の逃げ場を作ってあげて欲しいのです。



男性同士の言い争いやもめごとがエスカレートした場合、
あなたはどの様な事が起こると想像するでしょうか。


男同士の言い争いやもめごとの先にあるもの、
その大体が最終的には力での争い(暴力)になるのです。



男同士で話し合いのみで解決しようとすると、
運が良ければまあどうにか解決出来ますが、
意見の食い違いがエスカレートすれば
いずれは手や足が出る事はほぼ間違いありません。



女性からすれば男性のそういう行動は
とても幼稚で野蛮に感じられるかも知れませんが、
男性同士の解決策として力でお互いの決着を付ける事は
ごく普通に良くある事なのです。



だからといって女性や子供にまで暴力を振るっていい訳ではありませんが、
もし女性との言い争いや喧嘩で手を上げてしまった場合には
男性が精神的に切羽詰った状態になっている事が考えられます。



※ただし女性にしょっちゅう暴力を振るう男性は
また別の要素が関係している場合がありますので
この限りではありません。



では男性はどうして手を上げる方向に動いてしまうのか?

と女性の方は疑問に思う事でしょう。



その理由に 『男性は女性に口ではかなわない』 と言う事があります。



喧嘩や言い合いで女性に勝てる男性はほとんどいませんし、
もちろん口達者の男性は居ますが、ハッキリいって
そんなに多くはいないように感じます。



ですから女性と言い争った時に男性が追い詰められて
どうする事も出来ない時の最終手段として
手や足が出てしまう(暴力になる)のです。



もう一つの理由は『男性は遺伝子的に攻撃的な生き物である』
という事が関係しています。



ですから、男性が女性との言い争いでどうしようも出来ない場合など
自分を守るために自然と攻撃的な性質が強く表れて
暴力に繋がる事があります。



よくある話としては、女性が男性を執拗に言葉で追い詰めたり
責めたりすると、男性がその場を切り抜けるために
暴力で応戦してしまうというパターンです。


女性からしてみたら非のある男性側を責めたいのは当然でしょうが、
その代償が思いのほか大きくなってしまう事もあるのです。



ですから、もし男性に対して許せない事がある場合でも
ある程度まででお仕置きや攻撃はやめておいて、
男性が逃げられるよう少し配慮して頂けたらと思います。



それが、この世の中で口が立つ女性と暴力に走る男性が
うまく共存していくためのコツでもあると思います。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 18:25| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

【男と女】このブログが女性向けに書かれているワケとは?

このブログには恋愛・結婚・夫婦カウンセリングに興味のある方や
カウンセリングを簡単に受けられない方、遠方にお住まいの方、
ネットやブログで情報収集している方など様々な方が
数多く訪れてくださっていることと思います。


いつもご来訪いただきありがとうございますm(_ _)m




私のブログでは、恋愛や結婚生活に悩む方々が今よりもっと良い恋愛や
結婚生活に向かっていけるようなヒント満載で記事を書いているつもりです。




とある本の出版社の方がこう言っていました。


「恋愛関連の書籍は女性のニーズが多く販売部数も伸びる傾向がありますが
男性はこう言った恋愛モノはほとんど買わないようです。

男性には『すぐ○○できる~』『簡単に○○できる~』など、タイトルが分かりやすく
直ぐに結果が出せるような内容の書籍が人気のようです。」



一般的に恋愛関連の本は女性にはウケても男性はほとんど読まないと言われています。



正直言って私も恋愛や結婚、夫婦関連の本を手に取って読み始めたのは
恋愛・結婚カウンセラーになってからの話で、恋愛・結婚カウンセラーになる前は
恋愛関係の本には一切関心がありませんでしたし見向きもしませんでした。



今でこそ私は恋愛結婚関連の本はかなりの冊数読んでいますし
常にチェックもするようにしていますが、ごくごく普通の男性が
恋愛や結婚関連の本を好んで読むなんてことはまずないと思います。



なぜかといいますと、男性は読み書きやおしゃべりなどの言語活動が得意ではなく
意識や関心が一点に集中する傾向にあるので、仕事や趣味、
好きなことや得意なことについての知識や関心は高いのですが
それ以外のことには一切興味がなく、言語活動が得意な女性に比べて
考え方も視野も狭くなる傾向にあるからです。




そういう理由もあり、私のブログではほとんどの記事を女性に向けて書いています。


もちろん男性向けに書いている記事もありますし
恋愛や結婚にはあまり関係ない記事もありますが、
私のブログはほとんどの記事が女性向けに書かれていることが
おわかりいただけると思います。




「世の中にある恋愛本の中身を全て確実に実行できれば、恋愛は必ず成功します。

ただ、本を読んだ大部分の方が、本の内容の半分も実行しないのに
恋愛がうまくいかないと言う人が沢山いるのです。」


と、ある方が話していました。



それは確かにごもっともな話なのですが、本に書いてある事を全て
理解して実行に移すのは決してたやすいことではありません。




それと同じで私のブログに書いてある内容を全て実践している女性の方は
多くはいらっしゃらないとは思いますが、記事の中で自分の気に入った部分だけでも
実行してみたり、隅々までじっくり読んで吸収できる部分は全て吸収して
沢山のヒントやコツを自分の物にして頂けたら嬉しく思います。


     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン  


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑
posted by 加藤洋一 at 15:48| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

【男と女】それは元に戻せる?戻せない?

私がお気に入りの陶器のコップがとうとう欠けてしまいました。


前にコップが欠けた時は
瞬間接着剤でくっ付ければ問題なかったのですが、
今回はダイナミックに欠けてしまったので
どうしようかと悩みました。


今回の破損状態は瞬間接着剤でどうこう出来るレベルではなく、
正直どう見ても処分するしかない状態だったのです。


そこで、ふと思い浮かぶ事がありました。


江戸時代は徹底したリサイクル時代だったようで、
ほとんどすべての物をリサイクルしていて
茶碗や食器が割れてもそれを直す人がいたらしく、
それはそれで凄い時代だったということを
昔本で読んだのを思い出したのです。



しかし今は平成時代ですから、食器や瀬戸物が割れた時は
ほとんどの人が買い替えたり、割れた食器は処分すると思います。


そこで私は仕方なく愛用のコップを現代人らしく
潔く(?)処分する事にしたのです。



形あるものはいつかは壊れますから
しょうがないかもしれません。



恋愛や結婚、夫婦の問題や悩みでも
瞬間接着剤で元通りになったら
どんなに簡単で早い事でしょうか。



しかし元通りになったように見えたとしても、
欠けた個所の事実は一生変わる事はありません。


たとえ粉々になってしまったコップを頑張って修復しても
元の状態に近づけることはできるかもしれませんが、
強度や安全性を考慮するならばかえって直さない方が
のちのち事故が起こらずに済むだろうという考えもあります。


ならば無理して直さないという選択も時には必要なのかもしれません。



たとえば恋愛で自分が告白した相手に

「生理的に受け付けないし、恋愛対象として考えられない。
あなたは私のタイプではない」

とはっきり言われた場合、構わずアプローチし続けても
決していい方向には行かないでしょう。


(コップで言うと玉砕ですから、直すに値しません)



しかしいったんは相手に断られても、その後いい感じに事が進み
お付き合いが成立する事もあります。

(瞬間接着剤で応急処置出来るような場合)




このように、男女間には修復できる事もありますし、
いくら頑張って努力してもどうする事も出来ない事もあるのです。



中には、二人の溝がもう埋められない状態
(コップが粉々で治らない状態)なのに
なんとしてでも直そうとしている人や、
二人の関係をやり直せる状態
(コップが少し欠けているだけ)なのにもかかわらず
もう駄目だと思っている人も沢山いらっしゃいます。



恋愛・結婚カウンセラーである私がこれまで
相談者の方々の悩みや相談を聞いてきて一番思う事は、

「直らないものは直らないし、直るものは直る」

です。



実に当たり前の事を言っているだけなのですが、
その状況を見分けて感じ取るのはそう簡単ではありません。



直るのか直らないのか、元通りに修復できるのかどうかの
判断基準は皆さんそれぞれお持ちのことと思いますが
一時的な感情の起伏や周囲からの影響に惑わされることなく
その時々でよりよい選択をして頂けたらと思います。



     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン  


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑
posted by 加藤洋一 at 22:00| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

【男と女】会話が苦手だと恋愛に発展しない?

今現在、異性と中々うまくコミニュケーションが取れないで
悩んでいる人はいるかもしれません。


「二人っきりになると会話がはずまない」

「異性の人とはうまく喋れない」

「何をどうしたらいいのか分からない」


など、感じている人はいると思います。


人見知りする方などは特に異性と話す事が難しく、
大変なのは良く分かります。


私は人見知りをあまりしませんが、
初めてお会いする方の場合は少なからず緊張しますし
言葉や話し方にも普段以上に気を遣いますので、
話し上手だからモテるとか、口下手だからモテないとか
そういうことではない場合もあると思うのです。


しかし相手を判断する時やこちらの事を知ってもらうためには
ある程度何かの方法でコミニュケーションを取らないと、
相手の事も分からないですし、自分の事も分かってもらえません。


皆さんもそうだと思いますが、全く情報がない商品
(値札や商品説明、用途やサイズ)を買うのは
それがどんなによさそうでも少し勇気が必要でしょう?


人に対しても物に対してもある程度の内容確認ができないと
安心感が感じられないので、自分が知らない相手とは
なかなか積極的に接しづらかったり、よくわからない商品にも
手を出しづらくなってしまうものだと思うのです。


ではどうしたら上手く「会話」をする事が出来るのか、
私なりに解説してみたいと思います。



まず「そもそも異性の人と話せない」と言う方は
話せるようにならないと意味がありません。



緊張したり上手く話せないのは誰でも経験がありますが、
黙っていてはお互いの意思の疎通も出来ないのです。



異性の人と話す練習から始めるのがもっとも近道です。


今では色々な処でそういった練習を
手伝ってくれる場所があります。



デートのロールプレイや、専用のカウンセリング、
色々なお助け屋さんもあるくらいです。



その様な処や場所で経験や体験を積んで慣れる事で、
上手に異性と話せるようになる事もあるのです。



この様な経験や体験はこの先無駄にはなりません。



まず1つ勇気を出せるとその先の展開に
大きく発展していく事は間違いないように感じます。


ぜひ第一歩を踏み出して頂きたいです。



次に「異性と話せるけど会話が弾まない」方の特徴として
考えられるのは、話の内容がそもそも面白くなかったり
その話自体、相手の関心がない場合が考えられます。



自分が知らないマニアックな話を延々とされても
相手はついてこれませんし、楽しめません。



楽しめないでいると、逆にその時間が苦痛で
二度と会いたくない事に繋がってしまいます。



時には相手の話を聞く事を重点に置いて話を進めると、
逆にそこから話が弾みだしたりする事もあるのです。



押してダメなら引いてみる、話してダメなら聞いてみる、
と臨機応変に対応出来る様になることも重要です。




では、異性と話せて会話自体にも問題ない方が
次のステップに進むために必要なこととは何でしょうか?



それはあなたが積み重ねてきた『知識と経験』を
会話にたくさん織りこんでいくことだと感じます。


これは私が常々話していることですが、
さまざまな知識と経験を積み重ねていくことは
あなた自身にとって一生涯の財産になりますし
知識や経験によって人間的な厚みや魅力が増し、
心の余裕にもつながっていくものなのです。



もしあなたに沢山の知識が備わっていたら、
ありとあらゆる話を相手にしてあげられるでしょう。


相手に何か聞かれた時にも迷わず答えられますし、
会話の流れが止まらないで済むのです。



経験も同じで、色々な事を経験していたり
体験してきた人は言葉の重みや説得力が違います。



そう言った事を積極的に相手にアピール出来たら、
相手の方があなたの隠れた魅力に気付いて
もっと関心を寄せてくれるかもしれません。



今の状況を少しでも良くするために
ぜひ参考にして頂けたらと思います。



ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 16:51| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

【男と女】テレビのリモコン、今どうしてる?

我が家ではテレビのリモコンを
リモコン保護フィルムで覆って使っています。

201204191933001.jpg

このフィルムはリモコンをキズから保護したり
液体やホコリがリモコンボタンの隙間などに
入らないようにしてくれる優れモノなのです。


私がリモコンフィルムの存在を知らなかった頃は、
テレビを買った時リモコンが包装されていた袋に
電池を入れたリモコンを戻した状態で使っていました。
それだけでも汚れは防げますしボタン操作にも支障はありません。


しかし、一つ難点が存在します。


それはすぐに袋が劣化して破れてきたりして
リモコンを綺麗に保てなくなってしまうのです!



(別の袋か何かで包装しないといけないな・・)

そんな中見つけたのがリモコンフィルムでした。


リモコンフィルムは熱で密着させて使うのですが、
使っていても見やすいですしビニール袋より丈夫なので
我が家では重宝しているアイテムです。



ところで当たり前の話ですが
テレビのリモコンとテレビは
非常に密接な関係にあります。


テレビの主電源を切ってしまうと
いくらリモコンの電源ボタンを押しても
絶対にテレビをつける事が出来ません。


リモコンに電池が無い場合も
電源操作やチャンネル回しができないので
テレビをつける事が出来ません。




さて、このテレビとリモコンの関係ですが
恋愛や結婚生活に少し似ていると感じます。


分かりやすいようにテレビを男性、
リモコンを女性としてお話したいと思います。



『好きな相手(男性)が中々振り向いてくれない・・・』

この場合はテレビ側(男性)の主電源が
入っていない事が考えられます。


リモコン(女性側)でいくら操作しようとしても
テレビ(男性側)が反応しない・・・・


そんな時はいくらリモコンのボタンを押しまくって
(女性側が猛烈アタックして)も、テレビ(男性側)の
主電源(気持ち)をオンにする事は出来ません。

そもそもテレビの主電源(男性側)が入るのかどうか?
まずはそこから確認してみてください!



『相手(男性)が私から離れて行ってしまった』

これはテレビ(男性側)とリモコン(女性側)の
電波の届く距離が関係しています。


お互いが離れ過ぎてしまっていると
届くべき電波(気持ち)も届きません。


まずはお互いが電波の届く距離まで近づく事をお勧めします。
話はその後からしましょう。



『自分(女性)がある人(男性)から言い寄られているが
全然興味が湧かない』


この場合、お互い全く違う機種同士であることが
考えられます。

機種が合わないもの同士では通信もとれません。


稀にですが、テレビとリモコンの機種違いで
長年悩んでいる方がいらっしゃいます。


今はテレビだけでなくDVDプレイヤーやエアコン、
部屋の照明、オーディオなどあらゆる家電に
リモコンが付いていますので、どれがどれだか
混乱することもよくある話です。


昔私が買ったパソコンにはわざわざ
テレビ用リモコンが付いていましたが(汗)
そちらは結局一度も使ったことがありません。



テレビ(男性側)の機種がリモコン(自分)と違う場合は、
本人に正直に伝えてあげる事も優しさの一つです。

勇気を出して話してみましょう!




『相手(男性側)も私(女性)も今の関係に我慢が出来ない、許せない!』

この場合、テレビ(男性側)またはリモコン(女性側)が
なんらかの原因で故障している可能性があります。


テレビ(男性側)に問題があるのか、
リモコン(女性側)に問題があるのか、
はたまたテレビとリモコンの両方に問題があるのか。


どちらにしても修理(カウンセリング)が必要になります。

第一歩として行動する事をお勧めします!




・・今回はテレビを男性、リモコンを女性に例えて
男女の関係についてお話させて頂きました。


皆さんの恋愛や結婚生活、夫婦関係を理解するうえで
参考にしていただければと思います。



我が家では冒頭にも書いたように
テレビのリモコン(妻)はフィルムで保護し
汚れやキズがつかないよう大切に使用しています。


リモコンの調子が悪いとテレビ電源(私)のオンオフや
チャンネル切り替えもスムーズに行きませんから
リモコンの電池もケチらず交換します。

そうすることで結果的に私自分も快適に過ごせています(笑)



あなたの家のテレビのリモコンは今どんな状態ですか?
どうぞ優しく大切に扱ってあげてくださいね。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 20:24| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする