2013年01月12日

【カウンセリング】恋愛・結婚・夫婦カウンセリングのお客様層について

こんにちは。恋愛・結婚・夫婦カウンセラーの加藤洋一です。



今回は恋愛・結婚・夫婦カウンセリングを利用されるお客様層について
すこしお話させていただきたいと思います。



私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングに来られる方の年齢層としては、
大体30代~50代女性の方がよく相談に訪れています。



男性からの問い合わせや相談がほとんどないのは想定内ですが、
不思議と10代、20代の女性からの相談はほぼ無いに等しいのが特徴です。



10代、20代女性からの相談が少ない理由としては
私もそうでしたが、若い頃は中々他人に悩みを相談したり
話したりなどしなかったなぁと感じますし、
カウンセリングにお金を使うよりも趣味やファッション、
食べ物に使う方がよっぽど心が満たされるとも思っていました。



それと現在ではネットが発達していますので、特に若い年齢層の方たちは
何か困ったことがあればすぐネットで検索することに慣れているので
そんな中で解決できることも多いかもしれません。




また私自身も30代過ぎてから、ようやく世の中というものが
色々と見渡せるようになった気がしますので、
そんな意味でも若い方からの相談が少ないのではないかと、
自分なりに推測しています。




それと、もうひとつお客様層で言える事があります。



私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングの際には、
お客様に簡単なカウンセリングシート(名前や住所や簡単な質問など)
のご記入をして頂いています。



そこで分かった事なのですが、私の処に来られるお客様は
ほとんどの方が占いやスピリチュアル系のセラピーを受けた事がなかったり、
そう言うもので物事を判断・決定することはない方たちばかりが来られます。



つまり『悩んだ時に占いで解決しよう』と思うような方は
まず私のカウンセリングには来られない、ということが判明したのです。


これはちょっと興味深いことだと思っています。




他のケースとしては、他の場所ですでに相談しながら並行して
私のところに来られるお客様がたまにいらっしゃるのですが、
そのような方は私のカウンセリングなんかうわの空で聞いていたり
他のところで受けたアドバイスと私のアドバイスが食い違っていて
混乱されたりすることもあり、お客様にとってお金と時間が
ちょっともったいないなぁと感じることもあります。



そう言う方に対しては、カウンセリングが無駄にならない様に
カウンセリングを始める前にあらかじめご説明させて頂く事もあります。



以前相談されたところがその人に合っているのか、
それとも私のカウンセリングが合っているのか、
はたまた全然違う分野でのカウンセリング(占いやスピリチュアル)が
その人にはあっているのではないか、など
時と場合で見極めながら対応させて頂いています。




カウンセリングは無理に受けるものでもないですし、
一生のうちに必ず受けなくてはいけないものでもありません。



それこそ、あなたがカウンセリングを受けようと思った時が受け時なのです。




今どうしようか迷っている方は、お気軽にお問い合わせくだされば
私からカウンセリングについて詳しくご説明させていただきます。



お電話だけでも結構です。あなたもどうぞ最初の一歩を踏み出してください。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 11:05| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

【カウンセリング】些細な言葉が衝撃に?

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラーの加藤洋一です。



新しい1年がスタートし、職場や学校での出来事、
趣味、お友達や交際相手との交流など、皆さんの毎日もまた
色々と変化が始まっているのではないでしょうか。



中には「毎日がマンネリでつまらない」と言う方も少なくないと思いますが、
何かに対して自分が成長したかったり、何かに取り組みたかったり、
目標があったりすればそれに向かって歩んでいくので
自然と毎日が良い方向に変化していくものだと私は感じています。



さて、私は恋愛・結婚・夫婦問題専門のカウンセラーとして
相談者様の悩みや問題解決の手助けをする為に日々取り組んでいます。




私は色々な方々のカウンセリングをしていますが
私が行う普段通りの言葉がけが、相談者の方にとっては
とても効果的な『衝撃(現状打破)』になることが多々あります。



もちろん私が相談者の方にきつく物を言ったり諭すわけではありません。


「○○みたいな気持ちがありますか?」

「○○みたいに感じますか?」

「○○の時はこうですか?」


など、私から些細な問いかけをするだけで
相談者の方がすごくビックリされたり、
ご自分の気持ちにはっと気付いたりする事があるのです。



「そんな言葉なら普段から使って話さない?」

「別に普通の会話じゃないの?」

「そんな事ぐらいで衝撃なんて受けないよぉ(笑)」



とあなたは思うかもしれません。



しかし、私が恋愛・結婚・夫婦カウンセリングで気を付けている言葉とは
ある意味そんな『何気ない些細な言葉』だったりするのです。



普通の心理カウンセリングや臨床心理士が行うカウンセリングでは、
カウンセラーがアドバイスや提案をほとんど言わず
相談者の方に自分で解決策を探して頂くよう促すのが一般的です。




なぜかと言うと、先ほど書いたようにほんの些細な言葉が
相談者の方にとって衝撃的に心に刺さってしまう事があるので、
従来のカウンセリングではそう言った衝撃や混乱を避ける為に
アドバイスや提案をしないのが普通なのです。



しかし私の場合は邪道なので、相談者の方にはアドバイスや提案、
私(第三者)の意見や感想などもよくお話させていただいています。



「それってカウンセリングではないんじゃないの?矛盾してない?」

「そんな事をしたら余計、悩みが悪化するのでは?」



と感じるカウンセラーは少なくないでしょうが、
もちろん私も相談者の方に対してやみくもに話す訳ではありません。



相談者様の雰囲気や悩んでいる状況、その人の考え方や捉え方を考慮しつつ
私の経験と体験も踏まえ、統計的な話や相談者様が陥りやすい傾向など、
最善の言葉を選んで慎重にお話させて頂いているのです。



それに私自身、決してKY(空気が読めない人)ではないので
相手の方の雰囲気や細かい気持ちの動きを敏感に感じ取る事が出来ますし、
それだからこそ不快にならないようなアドバイスや提案をしながら
相談者様にとって有益なカウンセリングが出来ているのだと思います。



もしあなたが、世間一般的なカウンセリングで悩みや問題が
解決できなかったという経験がおありでしたら、
私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングを
新しい気持ちで受けてみられてはいかがでしょうか?



もしかしたら現状を打破できるような『新たな衝撃』が
あなたを待っているかもしれませんよ!



     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑




posted by 加藤洋一 at 12:02| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

【カウンセリング】悩み相談と心理カウンセリングの違い

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



あなたは今、恋愛や結婚・夫婦のことで悩んでいませんか?

一人ですべてを抱え込んで心がくたくたになっていませんか?

ごはんも喉を通らないくらいに苦しんでいませんか?

何日も何日もまぶたを腫らして眠れない夜を過ごしてはいませんか?


もうそろそろ、先の見えない悩みや苦しみから本気で脱却しませんか?


恋愛・結婚・夫婦の問題ならヒーリングガーデン和みの滴 
加藤洋一までお気軽にご相談下さい。





今回は、悩み相談と心理カウンセリングの違いについて
書いてみたいと思います。



悩み相談というのは、相談者様の悩みに対して相談員が

「○○してみたらどうか?」「○○はやめた方がいい」

と明確で具体的な行動・提案を提示してくれるものです。




しかし明らかに今の状況では受け入れがたい提案や
納得できないアドバイスをされることもあり、
相談者様にとって本当の解決にはならないこともあります。




一方心理カウンセリングは基本的に
相談者様が主役となって問題解決していくプロセスを
心理カウンセラーの専門知識や見解を用いてサポートするというものです。



もちろん時には悩み相談のようにカウンセラーから具体的解決策を
提示することもありますが、それがメインではないということです。



ですから、あなたが今悩んでいる問題があるとして
心理カウンセリングと悩み相談、どちらを受けたら
それを解決出来るのかをご自分で判断できなくては
根本的な解決には至らないのです。



私も昔は心理カウンセリングと悩み相談を
同じもののように考えてしまって、
その時に受けたものが合っていなかった為に効果が得られず
無駄な時間とお金がかかった事があったものです。




一般的に市区町村で行っている
「女性相談」などの○○相談はカウンセリングではないので、
アドバイスや提案が主体になります。



そのような窓口では時間をかけて親身に話を聞いてくれたり、
一緒に考えてくれる事はほとんどないと
思ってもらって間違いありません。



それに相談時間も約1時間など決まっていたりして、
話が途中でも時間で区切られ煮え切らないで
終わってしまう事も良くあるのです。



また心理カウンセラーでも「電話相談します」と言う処を
良く目にしますが、これもカウンセリングではなく
アドバイスや提案が主ですので

「いま私が実行できそうなアドバイスや提案が欲しい」

と言う方に対しては効果的なのです。




さらにニセ物の心理カウンセラーの中には

「電話カウンセリングします」「メールカウンセリングします」

と言うチンプンカンプンな人も居るのですが、
電話やメールでは本来の心理カウンセリングは出来ません。




いくらメールで自分の状況や考え、気持ちを
詳しく細かく伝えようとしても、とらえ方や言葉のニュアンスの違いで
おかしな方向に行ってしまう事が多々あるので、
私はメールや電話での相談を一切受け付けていないのです。




今回は悩み相談と心理カウンセリングの違いについて
書いてみましたが、いかがだったでしょうか?




ご自分の悩みを解決するのに悩み相談がいいのか
心理カウンセリングがいいのか判断に迷われるようでしたら、
和みの滴までお気軽にお問合せ下さい。

TEL:0465-43-1924 加藤洋一


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑









ラベル:悩み相談
posted by 加藤洋一 at 20:22| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

【カウンセリング】こんな方にこそ受けていただきたい!恋愛結婚夫婦カウンセリング

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



あなたは今、恋愛や結婚・夫婦のことで悩んでいませんか?

一人ですべてを抱え込んで心がくたくたになっていませんか?

ごはんも喉を通らないくらいに苦しんでいませんか?

何日も何日もまぶたを腫らして眠れない夜を過ごしてはいませんか?


もういい加減、先の見えない悩みや苦しみから
本気で脱却したいとは思いませんか?



恋愛・結婚・夫婦の問題を解決するためには、まず何よりも
あなたご本人が元気を取り戻すことから始めなければなりません。



『えっ?!それって逆じゃないの?』

『悩みがあるのに元気になれるわけないでしょ?』

『悩みがなくなったら元気になるわよ!』



そう思っているあなたはきっとこれからもずっとぐるぐると悩み続け、
状況がこれ以上好転することはないでしょう。



あなたの心が前向きになって、ごはんもしっかり食べることができて
夜はぐっすり眠れるようになって、笑顔になれるゆとりが生まれたら
そこで初めて問題解決のための準備ができたと言えるのです。



人間誰でも、いったん深みにはまってしまった心を浮上させるには
自分の力や努力だけではなかなか難しい場合が多いものです。



そんなときはぜひ勇気を出して他人を頼ってください。



和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセリングでは
まず何よりもあなたの心が少しでも明るい方に向くように
専門カウンセラーが丁寧に時間をかけてサポートいたします。



あなたの心が明るくなって前向きな考え方ができるようになれば
あなたご自身で問題解決への糸口をつかめるようになります。



自分ひとりの判断であきらめないで、ぜひ和みの滴にお電話ください。



和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセリングは
こんな悩みを抱えている方にお勧めです!



●悩みがあるが家族や友人には話せない方
 ⇒秘密にしたい、非道徳的な状況、性的問題


●自分の考えに自信がない、知識がないとお考えの方
 ⇒他人に助言、判断してもらいたい


●誰も自分のことをわかってくれないと感じている方
 ⇒孤独、周りの人間は役に立たない


●頭がぼんやりして考えがまとまらない方
 ⇒集中力が出ない、考え疲れしている


●頭が混乱してパニック状態の方
 ⇒冷静さを保てない、感情の制御が出来ない


●自分の居場所がない・味方がいないと感じる方
 ⇒疎外感、いじめられる、個性が強い、仲間に入れない


●自分の存在価値がない・必要とされていないと感じる方
 ⇒愛情のやりとりができない、自分を愛せない


●不安感や恐怖感で押しつぶされそうになる方
 ⇒心の支えがない、裏切りにあった



●すべて自分が間違っているのだろうか?と疑問に思う方
 ⇒不信感、疑心暗鬼、何も信じられない



●怒りや憎しみがおさまらない方
 ⇒自分をないがしろにされた、プライドを傷つけられた


●自分の人生に納得がいかない方
 ⇒理想と現実のギャップ、自分の責任ではない部分での悩み


●問題の解決方法が見つからない方
 ⇒八方ふさがり、とにかく死に物狂い



●専門家や第三者に意見を聞きたい・アドバイスをもらいたい方
 ⇒問題や悩みを確実に解決したい



和みの滴はあなたの勇気を手厚いサポートで応援します!


専門カウンセラーと一緒に問題解決への道を歩き始めませんか?

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 07:59| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

【カウンセリング】客観的視点の大切さ

ある航空会社などで航空事故を少なくするために行われている事があるそうです。



それは航空機トラブルがあった時に、自社内だけで解決するのではなく
自社以外の客観的視点を取り入れて指摘してもらったり、
専門家のアドバイスを受けたりして大事故を予防しているのだそうです。



また車を運転するお仕事をしている方や看護の仕事に携わる方の研修でも
危険予知訓練(事故や災害を未然に防ぐ事)はしばしば行われています。



この危険予知訓練も客観的視点でお互いに意見を出し合ったりして、
自分以外の意見を聞いたり取り入れたりする事で、
今以上に注意力や判断力を養い現場の安全性を高める事が目的です。




私が行う恋愛・結婚・夫婦カウンセリングでも、
相談者の方が普段見えていないもの(良い点や弱点、考え方の癖など)を
カウンセラーである私が見つけ出して相談者の方にフィードバックし、
恋愛や夫婦生活の中で活かしていけるようサポートさせていただいてます。




カウンセリングは「客観的視点なんて別にいらない!必要無い!」
と言う方に無理にお勧めするようなものではありませんから、
そう言う人には必要無いでしょう。



しかし、もし貴女が恋愛や結婚、夫婦生活で悩みや問題を抱えていて
自分ひとりでは解決策が見出せないという苦しい状況におありならば、
客観的視点からの気付きが貴女の問題解決のヒントとなるかもしれません。




もちろん客観的視点と言っても、習い事の先生に相談するとか、
恋愛の専門知識が無い友達、結婚生活の経験が無い知り合いから
アドバイスをもらう事を言っているのではありません。




心理的なことや男女問題に関してしっかりと知識のある専門家から
客観的視点で見てもらわないと、ハッキリ言って大事故(失恋や離婚)に
なりかねませんので、くれぐれも気をつけて頂けたらと思います。



貴女もぜひ勇気を出して、専門カウンセラーと一緒に
問題解決への道を歩き始めませんか?


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

ラベル:危険予知訓練
posted by 加藤洋一 at 19:10| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

【カウンセリング】誰でもできることのようで・・

女性なら恋人に手料理をふるまったり、主婦の方なら
ご主人の為にお料理をされている方は多いと思います。


簡単な料理でしたら男女年齢問わず誰でも出来ますし、
料理を作るのに特殊な技術や資格は必要がなく
無断で料理を作ったとしても捕まる事などありません(当たり前ですが)。



ここでレストランや飲食店の料理を少し思い出して下さい。

少なからず、皆さんの心の中や思い出の中に

「あそこの○○料理美味しいんだよなぁ~」
「あのお店の○○料理よりもおいしい物を、他の店で食べた事無い」

など思い浮かぶ料理があるのではないでしょうか。


一度食べてもう一度家庭で再現しようとしても上手くいかなかったり、
全然同じように作れなかったり、聞いたまま見たままに作っても
なぜか違う料理になってしまう・・・なんて事は私も良くあります。



では、どうしてお店のように作れないのか・・・

それはお店では素人料理ではなくプロの料理人が作っているからです。
素人がプロの味を出す事はそうそう簡単ではないということでしょう。


家庭料理は簡単に誰でも出来ますが、プロの料理人と素人では
調理の技術や使用する食材の差があるのは当然で、
それ以外にも最も重要な要素が隠れているものだと私は感じます。


それは何かと言うと、料理をされるのであれば
料理の「素質」や「感性」が最も必要だと思うのです。


素質とは生まれつき備わっている天性のもので
分野によっては素質が無い人がいくら頑張っても
超えられない壁があるのも事実です。


感性とはいわば第6感的な、その人独自の個性的感覚です。
料理であれば味つけや食感、料理の彩り、盛り付け方などに
料理人の個性的な感性が表現されユニークな料理となるわけです。



ですから、誰でも出来る事でもその道のプロとなるには
天性や感性を磨いていく必要があり、それがいわゆる修業です。


もちろん天性の素質や感性があったとしてもそれを生かすか殺すかは
本人次第ですから、そういう意味では天性があってもなくても
最終的にあまり大きな差は出ないと考えてもいいかもしれません。



カウンセリング業界でもそれと同じことが言えます。


簡単な身の上相談なら若い方からお年寄り、友達や知り合いの方など、
ある程度は日常的に相談したりされたりしていることと思いますし
皆さんも相談する側・される側と両方の経験があるのではないでしょうか。


ですので特別な技術や知識が無くてもカウンセラーめいたことはできるし
カウンセラーになる事自体が簡単な事だと沢山の方が感じていると思います。



しかしプロのカウンセラーとして活動するにはやはり
天性の素質や独自の感性を磨き続けなければ通用しません。


私の場合は恋愛・結婚カウンセラーになるために
専門的な勉強もしましたし自分がカウンセリングを受けた経験もあります。


もちろん私はカウンセラーになっても勉強は続けていますし
カウンセリングに必要な感性を磨き続けています。




また私の言葉が強い説得力を持ち相手への影響力も大きいことが
カウンセリングを行ううえでとても役に立っています。



というのも、これは妻や友人のおかげで気づくことができたのですが
明らかに「そんな話は無い」と言う内容の冗談であっても
私が話すと冗談に聞こえない事があるみたいなのです。


「あなたの言葉には力があるから冗談に聞こえないんだよ」
「あなたの言うことは皆が本気にしちゃうから気をつけて物を言ってよね」


正直最初のころはどういう意味かよくわからなかったのですが
妻から何度もそう言われてようやく、自分の発言にはそれだけ
周囲に対して影響力があるということに気づかされたのです。


(これは私の言葉で誤解されないようにしなくてはいけないな・・)

と気をつけるようになったと同時に、
この自分の素質を活かして悩んでいる人や困っている人に対して
勇気や希望、元気を与えることができるのでは、と思うようになり
恋愛・結婚カウンセラーとして活動しています。



私が思うにカウンセラーとして絶対に必要不可欠なこと、
それは「相手の心に響く言葉」をかけてあげられる事です。


いくら素晴らしいカウンセリングをしても、
いくら有名な方にカウンセリングしてもらっても、
心に響く言葉を言えなかったら(もらえなかったら)
カウンセリングの意味はほとんど無いのだと感じます。


私の恋愛・結婚カウンセリングでも
どんな言葉が相談者の方の心にいちばん響くのか、
どんなふうに声をかけてあげたら相談者の方が元気になるのか、
その点を第一に考えながらカウンセリングを行っています。



一見誰でも出来るような事こそ実は一番奥が深く、
そして一番難しいものでもある様に思います。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 17:51| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

【カウンセリング】浮気・不倫・婚外恋愛してたら叱られちゃいますか?

浮気・不倫・婚外恋愛で悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。


私の処に来られる相談者の方にも、
交際相手が浮気していて浮気をやめさせようと困っていたり
自分が婚外恋愛中で今の状況をどうしたらいいか悩んでいるなど、
それ以外でも色々な相談があります。


このブログを読んで下さっている方の中には
恋愛・結婚カウンセラーである私が浮気や不倫、婚外恋愛について
良しとみているのか、それとも良くないこととみているのかが
気になる方も多いのではないでしょうか?


また、私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングを受けた事が無い人にとっては

(婚外恋愛の相談だから、非常識だと怒られるかも・・・)

(浮気なんて絶対にやめろと諭されるのではないか・・・)


など、浮気や不倫・婚外恋愛は決して賛成されない事柄だと
感じている方も少なくないでしょう。



しかし、安心してください。私の本心でいいますと、
浮気・不倫・婚外恋愛自体を 『絶対に悪いことである』 とは
決めつけてはいないのです。



また私の恋愛・結婚カウンセリング自体が基本的に相談者の方を
諭したり、正したり、強制したりするものではありませんし
どんなケースにおいても相談者の方の気持ちを第一に尊重しています。


それに、生きていれば若くても年をとっても、
たとえ結婚していてもよそ見をしてしまうのは動物や人間も皆同じで、
恋や恋愛をこの世からなくす事は不可能なことでもあります。


ですから、相談者の方が
「浮気相手の人と一緒になりたい」 と思うのであれば
一緒になれるように全力でサポートしますし、
「浮気相手から恋人を取り戻したい」 と言うのであれば、
取り戻せるようにサポートさせて頂いています。


『それじゃあ、どっちつかずじゃないの?
都合がいいカウンセリングじゃない?そんなのありなの?』

と感じる人は多いかもしれませんが、私の場合はいかなる場合も
相談者を主体に進めますので、このスタイルは変わりません。


それに、相談者の方をただやみくもに応援するだけの
カウンセリングを行う訳では決してなく、
相談者様が現在置かれている立場を考慮したうえで
これから先相談者様に待ち受けているであろう
浮気・不倫・婚外恋愛のリスクや考えうる深刻な状況を
専門カウンセラーの立場からしっかりとご説明しますし
必要であろう事ははっきりとお話しさせて頂きます。


そうでなければただ相談者の方を危ない目に遭わせているのと
一緒になってしまいますから、浮気・不倫・婚外恋愛の方の相談は
より慎重にカウンセリングを行わなくてはなりません。


そしていかなる状況にあっても相談者の方が自分らしく堂々と
人生を歩んでいくことができるように、恋愛・結婚カウンセラーである私は
相談者の方を勇気付け、サポートする責任があるのです。


この点が友人知人に相談するのと専門家に相談するのとでは
非常に大きな差が出てくる点だと思います。



もし、浮気や不倫・婚外恋愛でご自身の現在の状況や判断に自信が無い方、
他人に責められたり悪く言われたりしないで冷静に見つめ直したい方は、
当方の恋愛・結婚カウンセリングで心の整理をして
スッキリした気持ちを手に入れてみませんか?



貴女が心からの幸せを感じて前へ進んでいけますように
恋愛・結婚・夫婦問題専門の心理カウンセラー 加藤洋一が
貴女の納得がいくまで、何時間でも丁寧にカウンセリングいたします。


≪恋愛・結婚・夫婦カウンセリング ご相談料金≫

当方の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングは時間無制限です。
お客様のお好きな時間だけご相談いただけます。

1時間まで ¥10,000円
2時間まで ¥20,000円
3時間まで ¥30,000円

3時間以上の場合 1時間毎に¥5,000円
加算させていただきます。



恋愛・結婚・夫婦カウンセリングのご予約、お問い合わせは
TEL:0465-43-1924(電話受付10時~19時)
恋愛・結婚カウンセラー 加藤洋一までお電話ください。

Eメールでのお問い合わせはこちら



〒256-0803 神奈川県小田原市中村原706
 
恋愛・結婚・夫婦カウンセリング 和みの滴 加藤洋一




貴女からのカウンセリングのお申し込み、
ぜひお待ちしています。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑








posted by 加藤洋一 at 16:23| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

【カウンセリング】全てはお客様の満足のために

乗用車や電化製品が故障した時は修理に出せば解決するでしょう。


しかし修理されないで(直っていないのに)戻ってきたら
それは修理されたとは言えませんよね。



ケガや病気をしたり歯が痛くなった時は病院の先生に診てもらうでしょう。


もし病院に行って薬をもらったり治療を受けたのに治らなかったり、
良くならなかったら皆さんはどう思われるでしょうか?


何のために病院に行ったのか分からなくなってしまいますよね。




レストランで注文した商品と違うのが出てきたり食事が美味しくなかったら
お店が何と言おうと私たちは良いサービスを受けた事にはなりません。




現在心の問題を扱うカウンセリングやヒーリングのお店は沢山ありますが
はっきりと目に見えない、かたちのない人間の心に迫ることは
物や金品類を扱う以上に分かりづらく難しいものです。



カウンセリングを受ける相談者の方は自分の抱える問題を解決したい!
なんとかしたい!話をしてラクになりたい!との切なる思いでご来訪されます。



たとえカウンセラー側がどんなに相談者の方を助けてやった、
素晴らしいアドバイスをしてあげた、と自己満足していても
カウンセリングを受けた相談者ご本人が『カウンセリングを受けて良かった』と
心から感じられなければカウンセリングを受けていただいた意味は全くありません。



どんなに高価で素晴らしいカウンセリングやヒーリングを受けても
お客様が癒されなかったと感じるのならばそれは全く意味がないのです。



カウンセラーやヒーラーは、相談者の方が勇気や希望を取り戻し
前向きな考えで今後の方向性を見出していただけるよう、
その方に合ったやりかたで丁寧かつ慎重にカウンセリングやセッションを
行わねばなりませんし、決してカウンセラーやヒーラーの一方的な
自己満足で終わらせてはいけないものだと思います。



私の恋愛・結婚・夫婦カウンセリングでも、お客様が十分満足し
心の元気を取り戻して明るい気持ちでお帰りいただけるかどうか、
カウンセリングの内容がお客様のためになるかどうかは
全てカウンセラーである私の責任になるのです。




私はそのことをいつも肝に銘じ、全力でカウンセリングを行っています。



『全てはお客様の満足のために・・・』


カウンセラーやヒーラーが絶対に忘れてはいけないことです。





     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン  


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 00:19| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

【カウンセリング】飲食店とカウンセリングの共通点

皆さんは飲食店に入ってメニューを注文する時、
何を基準にしていらっしゃいますか?


私にとって一番の判断基準はメニューの写真です。
それとメニューの説明書きで決めています。


この2つがあるかないかは私にとって非常に重要です。


盛りつけの写真やイラストが載っていれば
「注文したらこの様な物が来るんだな(喜)」という想像ができますし
商品説明がちゃんと書かれていると安心感も得られますので
食べ物が運ばれてくるまでどんな物が来るかわからない、
と言う不安を抱かずに済みます。




しかしたまに知らない飲食店に入ったりすると、
お品書きだけしか書かれておらず写真やイラストはおろか
説明すらも無い場合があり、とても困ってしまう事があります。



そんな時、私は商品名だけでは簡単に選ぶ事が出来ず
注文してもハズレの少ない無難でオーソドックスな物を注文します。



その点私の妻は商品の写真が一切無くても全然平気らしく、
自分が食べたいものを注文するのだから何が出てきても
全然気にならないそうで、むしろそういうのが楽しいそうです。


(妻はかなりのチャレンジャーです・・)



私のようにメニュー写真や絵などのイメージがないと絶対ダメな人は
沢山いると思いますし、そういうのが無くても平気な人もいるでしょうが
お客は飲食店側が提示する情報を頼りにどのメニューを注文するか
決めるわけなので、お店の方にはできるだけわかりやすいメニュー画像や
詳しい説明を提示していただきたいなぁと願うばかりです。




さて、この飲食店の話ですが、皆さんがカウンセリングを選んだり
受けたいと思われる場合にも似たような事が言えるかもしれません。


世の中には沢山のカウンセリングルームやカウンセラーがいますし
ネット上でもそれぞれホームページやブログを持っていらっしゃいます。



私のホームページ もその中のひとつで、皆さんにご覧いただければ
私が恋愛・結婚・夫婦問題専門のカウンセラーをやっていて
どんな考えを持っていてどんな活動をしている人間なのかということが
ある程度分かっていただけるのではないかと思います。



しかし、じゃあいざカウンセリングを受けてみよう!予約しよう!とまでは
中々勇気が出ない人がほとんどではないでしょうか。


それは、皆さんカウンセリング自体受けた事がない方がほとんどで
どういうものか想像がつかない、どうしたらいいのか分からない、
相談しても叱られてしまうのではないか、などの不安ばかりが膨らみ
その不安によって予約までは出来ないと言うことがあると思うのです。



ですから、そんな不安を抱えながら電話したり問い合わせする時は、
本当に普段以上の勇気や思い切りが必要になってくるのです。



私はその気持ちが十分すぎるほど分かっていますし、
勇気を出してご来訪下さった方の気持ちに答える為にも
毎回全力でカウンセリングをさせて貰っています。



現在恋愛や結婚、夫婦の問題で悩んでいる方は
どうか勇気を出して一歩前に進んでみてはいかがでしょうか?



私のホームページでご不明な点やわからない所などありましたら
お気軽にお問い合わせください。



皆さんからのお問い合わせ・ご予約、お待ちしています。


     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン  


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 22:10| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

【カウンセリング】私の考え・自己開示について

一般的にカウンセラーは自分のプライベートを明かすこと、
いわゆる自己開示には極めて慎重にならねばならないとされています。



しかし私は相談者の方からプライベートについて聞かれたら
包み隠さずお話しするようにしています。




なぜなら、カウンセリングはお客様がわざわざ時間と日時を割いて
予約されるわけで、しかも決して安くないカウンセリング料金を
支払っていただく、つまりお客様がそのための時間をカウンセラーから
『買う』と言う事になります。



時間を買われたカウンセラーはお客様から雇われた事になり
その雇い主である相談者の方が私のプライベートを知りたいのであれば
拒む理由は一切ありません。




なので私は聞かれたら正直にお話しさせて頂いていますし
私の話で相談者の方のお役に立てるのでしたら
いくらでもお話しさせて頂いています。



※誤解がないように一言付け加えますが、
聞かれてもないのに私のほうから一方的に話し始めたり
私の自己満足で話したりすることは一切ありません。




とはいえ、自己開示は自分の個人的な事を話して
相手と打ち解けるコミニュケーションの要ですから
慎重にならねばならないのは確かです。



その場の雰囲気や話の内容、相手の事を考慮したうえでなければ
本来深いコミニュケーションを取るための自己開示なのに
それとは逆に険悪な状態に陥ってしまう事があるのです。




例えば、ご年配の方の昔話を長く聞く事が大変なように
(ご年配の方、本当に申し訳ありません汗)
他人の武勇伝や長話を聞くと言うのは相当な体力と集中力、忍耐力が必要です。



「昔はこうだった、ああだった」


「自分はこんな事が出来る、あんな事も出来る」


「今の若い者はああじゃない、こうじゃない」



などと言われても、若い人が聞いたら


「だから何なの?今と昔は違うし、今は今だから!」


と思う人がほとんどでしょう。




これと似たような感じで恋愛でも
自分の事を相手に分かって欲しいからと言って
何でもかんでも話してしまったら
相手からドン引きされるのは言うまでもありません。



そんなことをすれば自分の事をわかってもらえるどころか
逆にうんざりされてしまいそれっきり恋愛に発展することなく
終わってしまうでしょう。



ですから話し手側はその時々で話すべき事と話さなくてもいい事を
ちゃんとわきまえて慎重に自己開示しなくてはならないのです。




もし出会った相手がすぐに離れてしまったり
恋自体が全然発展しない場合は、
あなたが自分の事を伝えなさすぎか、反対にごちゃごちゃと
伝え過ぎのどちらかが考えられます。




そんな方は、少し専門的ではありますが
自己開示という言葉を調べてみたり
自己開示のやりかたやタイミングの大切さについて
ちょっと考えてみてはいかがでしょうか。



     ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑




posted by 加藤洋一 at 18:02| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする