2017年11月28日

【カウンセリング】三日の汚れは一日では取れません

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。




今回は、私のカウンセリングに来られる相談者様の事を
少し書きたいと思います。

(個人が特定する様なものではないのでご安心ください)





前にも書いたかも知れませんが、
私のカウンセリングに来る相談者様の7割は女性で、
後の3割は男性です。




相談者の方は皆さん、悩みが悩みだけに、
早く解決したい!今すぐ何とかしたい!
という方がほとんどです。




もちろん私もお役に立てるように
最善を尽くしてカウンセリングしていますが、
相談者の方の中には1時間で解決しようと
必死な方もいらっしゃいます。




私自身も短時間で解決できる事なら、
その方が良いと思っていますし、
私からカウンセリング時間を延ばそうとする事はないのです。




しかし短い時間だと中々聞きたいことが聞けなかったり、
話の途中で終わってしまったりと・・・
相談者さんも私も結局はお互い不完全燃焼となり、
お互いに不満足で終わってしまうこともあるのです。




掃除業界で『三日の汚れは一日では取れない』と言う様に、
月日が経っている物をどうにかしたい場合は、
それ相応の時間や手法、工夫が必要になってきます。




カウンセリングでも何でも、問題を解決するのに
焦っていい事は全然無いですし、
先々の事も考慮して気持ちに余裕を持って
解決に当たることが大切な事だと思うのです。




焦っているときこそ、心にゆとりのある思考や行動で、
その場しのぎの失敗や手間を防げる様に思いますので、
もしあなたが今、何かを急ごうとしているなら、
もう一度冷静にその緊急度をよく考えてみてくださいね。




解決に直行する道がたとえあったとしても、
体力的・気力的に進むのが厳しそうだったり
条件的に難しいのなら無理にその道を進まず、
急がば回れでほかの道を選択してみるのも
いいかもしれませんよ。




最後に・・問題解決への道はひとつではありません。
私は恋愛・結婚・夫婦専門のカウンセラーとして、
今後とも相談者様と一緒になって
相談者様の状況によりマッチするような
さまざまな解決策を探っていければと思います。




posted by 加藤洋一 at 14:15| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

【カウンセリング】私がカウンセリングで一番大切にしていること

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。




ちょっと読者の皆さんに質問なのですが、
友人や知人とファミレスやカフェに入って
自由に席を選べる場合、あなただったらどうしますか?





私はカフェなどで待ち合わせて
カウンセリングする事も少なくありません。




待ち合わせカウンセリングでは、

「相談者の方が先に入店し席に着いて待っている場合」

「お店の外で待ちあわせして一緒にお店に入る場合」

があったりします。





私は相談者の方にはいつも

「話しやすい場所で、お好きなところへどうぞ」

と言って、相談者さんご自身の判断・行動に委ねます。




解説しますと、ここで私は相談者さんの判断や行動が
普段どの様な感じなのかを観察しているわけなのです。




私は幼少の頃から人の顔色を見て生きてきたので、
初めて話す方でも大体どんなタイプの人なのか
直感で感じ取れるという特技?があります。




ひと昔流行ったメンタリストのように
こと細かく言い当てるわけではありませんが、
自分の直感と心理分析を併せれば、私なりに
短時間でその方の全体像を理解できる感じです。





そんな感じで、私は相談者さんにお会いした瞬間から
行動や言葉遣い、仕草などをしっかり観察して
相談者さんの人間性に細かく配慮しながら
カウンセリングしているのです。




私がカウンセリングを行う時は、
相談者さんにとっての最良最善とは何なのかを
初めから最後まで全力で考えながら行っているという事が
当ブログの読者の皆さんに伝わってくれたらと思います。



posted by 加藤洋一 at 22:05| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

【カウンセリング】勝手にカウンセリングしちゃいました

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



今回は、以前ある会社で出会った男性と
一週間くらい仕事を一緒にしていた時のことを
お話したいと思います。



その男性は仮にAさんとします。


Aさんとは一週間と短い時間でしたが、
朝から晩まで一緒に仕事をし
休み時間もお互いのプライベート話や仕事の話、
会社の話などをしていました。




Aさんは勤め始めてすぐに上司に呼ばれ、
何か話をされていました。



その後Aさんが私の処に戻ってきて(小声で)私に言いました。


「あいつらバカなんじゃないの?
この歳で『○○の資格を取りに行ってください』だって!


今Aさんは仕事で○○を使ってるので、資格を取れだって。
家でも○○普通に使ってるのに、わざわざ取に行くかっつーの!」


と、不満全開でした。




私は一応その時

「家で個人的に使う分には自分の責任でいいんですが、
会社の中で○○を使って仕事をするには
何かあったら会社が責任を取らされるので、
会社で使うものに関しては資格を持ってないといけないんですよ。」


と、Aさんにわかってもらえるよう丁寧に説明しました。


それでもAさんは全然納得していませんでしたが・・




そんなAさんは私よりも年上の中年男性で、
Aさんといろんな話をするにつれ、Aさんが
「産業カウンセラー」の資格を持っていることを
知ったのでした。




この時、私が現役のカウンセラーであると言う素性を
わざわざ明かすことはしませんでしたが、
Aさんは産業カウンセラーの資格を取って何がしたいのかな?
とか色々気になったので、もう少し話を聞いてみる事にしたのです。




すると、Aさんが産業カウンセラーになったのは
ご自身が原因不明の治らない病気になってしまい、
普通の仕事が出来なくなってしまったので、
治療中に今できる資格を取得したいと言う事で
産業カウンセラーの資格を取ったのだそうです。




他に資格とかって持ってるんですか?と私が聞きましたら、
他にはほとんど持ってないと言う事でした。




またAさんはここに来る前、
産業カウンセラーを募集している企業に
面接に行ったらしいのですが、不採用だったそうです。




ご本人いわく

「何で産業カウンセラーの資格を持ってるのに
取ってくれないんだ?


ただ『ご縁がなかったという事で』
って断られるんだよなぁ・・・良くわからないよ。」




私は推測しかできませんが、
Aさんは産業カウンセラーの資格は持っていても
それに伴ったスキルが無かったと言う事も
いくらか関係してるかもしれません。



もちろん、Aさんが企業に断られた理由は
ほかにもいくつかあっただろうと思いますが・・





結局Aさんは、入社一週間後に会社を退社されました。




私は職場の中では一番Aさんと良く話していましたし
Aさんが辞めて次に行く職場の後押しも少ししました。




ある意味一番Aさんの事を考えて、
勝手にカウンセリングしていたといえるでしょう。




それから2年後くらいに、
会社の人がAさんを見かけたらしく
「 全然元気だったよ!」と言っていたのを聞いて、
元気でよかった~(笑)と、ほっとしたのを覚えています。



辞めるべきか、留まるべきかは人それぞれですが、
多分Aさんにとってはあの時辞めたことは
最良の選択だったのかも知れませんね。



私の勝手にカウンセリングしちゃったお話でした(笑)



posted by 加藤洋一 at 19:57| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

【カウンセリング】日本以外にも目を向ける?!

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。




私がまだカウンセラー駆け出しの頃に、
顔見知り程度の知り合いの方に
カウンセリングを体験して頂いた時の話です。




その時は普通にカウンセリングを進めて、
その方にとって最良のカウンセリングをしたつもりなのですが、
私自身何か腑に落ちない感じが少しありました。





以前にもブログで書きましたが、
私はカウンセリングをした後に
カウンセリングの内容をもう一度なぞりつつ
次回の質問内容や今後の方向性を予測したものも一緒にまとめて
次回のカウンセリングに備えると同時に
さらにもう一度今回の相談内容の事を考え直しています。




そこで、あの時はこの様に話した方が良かったなあとか、
あの事をもう少し聞いてみた方が良かったかな・・・
など反省点が見えてくる感じなのです。




今回の相談者さんは少しだけ知り合いと言うこともあり、
カウンセリング後も少し連絡や質問が
人づてに聞くことが出来たので、
カウンセリング後がどうだったのかが
追跡調査とまでは行かなくとも、知ることが出来ました。





この方は女性で恋愛の相談でしたが、
私がカウンセリングで何が腑に落ちなかったのかと言いますと、
カウンセリングを進めるのですが中々先が見えないと言いますか
感覚的にしっくりくる感じをつかむことが
終始感じられなかったのです。




私が未熟だったのもあるかもしれませんが、
どんな方のカウンセリングでも大体は
何かしらの糸口を見出して来れていました。




でもその時は本当に、、全く見えてこなかったのです(涙)





腑に落ちないままカウンセリングが終了して、
妻と他愛もない会話をしてから
カウンセリングのまとめをもう一度していた時に
「ピン!」と答えが頭の中に浮かんできたのです。





その方に最もふさわしいアドバイスが・・・

「外国人の恋人を探してみる」だったのです!





私がなぜ外国人の恋人がその方に合うと思ったのかは
ただの直観なのですが、私がその女性を見て
カウンセリングでお話をして思ったのは、
この方は結婚も恋愛も全く問題なく出来る方である。




しかしなぜか先が見えて来ない・・・




そのままカウンセリングが終わってしまったのですが、
それは私自身の視野の狭さによるものだと感じたのでした。





じゃあその女性にはどこの国の人が合うのか?
そこまでは私には見当が付きませんが、
確実に自信を持って言えることは、
その女性には「日本人以外の恋人」を探すと
恋愛も結婚もうまくいくという結論に至った訳なのです。





それは今となれば懐かしい話ですが、
もし同じ国の人と恋愛や結婚が全然うまくいかないし、
どうしたらいいのか分からない!!!
と言う方がいらっしゃったら、これを機に
日本とは違う文化で交流を試してみてもいいのではないでしょうか。




posted by 加藤洋一 at 15:32| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

【カウンセリング】結局はそれなりの時間をかけましたが・・

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。




前回に続いて今回も、私の昔話をお話したいと思います。




ある女性の方のカウンセリングを行った時の話ですが、
当ブログを読んで下さっているあなたにも
何か参考になることがあるかもしれませんので
どうぞ最後までお読みください。







約6年前、駆け出しのカウンセラーだった私は
あちこちの有料スペースを定期的に借りたり
いろんなイベントに有料で参加したりして
無料の恋愛・結婚カウンセリングをしていました。





当時は交通費、部屋代、チラシ代など
全て自分持ちでカウンセリングをしていましたので
無料カウンセリングをやればやるほど赤字になり、
貯金がどんどん無くなっていきました。





もちろん、私の知名度もありませんでしたし、
そもそもブースを覗いてもくれない状態で(涙)


「なに??カウンセリングって?怪しい!」


と感じられているみたいでした。






見ず知らずの人間に、プライベートな悩み相談なんて
普通だったらやっぱりしないかな??
と、私も不安でいっぱいだったのです。







当時は、妻にも手伝ってもらいながら
二人でお客様をお待ちしていましたが、
中々人は来ません・・・





すると、ある女性が尋ねてきました。




女性をみて妻が私に小声で「綺麗な女性ね!」と
言ってきて、私もその女性を見て
この女性は絶対に恋愛相談と言うことを悟りました。




女性いわく


「無料で恋愛相談しているのを
たまたま見てきたんですが、
時間がないので15分ぐらいでもいいですか??」




私は答えました。


「15分だけでは中々厳しいかもしれませんが、
もし良かったら後日お好きな日にちでも良いですよ」





「今日はたまたま来ただけで・・・
(住まいが)近くではないですし
今友達と来ていて子供を見てもらってますので、
他の日の時間が取れないんです。


今だったら友達が子供を見てくれるらしいので、
出来れば今がいいのですが・・・・」





私としては時間が取れるほうが良かったのですが、
それが出来ないという事なので、
短時間だとどうしても話が中途半端になりがちで
お客様の満足いくカウンセリングには
ならないかもしれない旨を了解して頂き、
カウンセリングに入りました。





女性いわく


「今結婚していて3歳の子供(長男)がいるのですが、
新しく好きな彼氏が出来たので
今の旦那と別れて一緒になりたいのですが・・

上手くいくかどうか、どうしたら良いのか悩んでいるんです」





私は自分が対応出来る相談内容だったことに
内心ホッとしながら、さらに詳しく聞いていきました。





今の旦那さんとは段々夫婦仲が冷めてきてしまって、
そんな時に彼と出会い交際がスタートしたようでした。



今も昔も良くあるパターンですね(^^)





そしてその彼は無職らしいのですが、
若くてカッコイイ魅力的な年下の彼氏で
一緒にいても楽しく
今すぐにでも彼のもとに行きたい!!
という事なのですが、
中々行けないのが現状のようでした。





私は女性のご主人のことを詳しく知りたくて
女性に聞いてみました・・・




「ご主人のお仕事と家族関係などを
教えてもらってもよろしいですか??」




するとご主人は特殊なご職業に従事しておられました。




ゆくゆくはご主人が家業を継いで行く、
そんなお家に女性は嫁いでこられたそうで、
金銭的にも経済的にも全然困っていなく、
むしろ一般家庭よりも良い生活を送っている感じでした。





私は女性に確認の意味も込めて尋ねました。


「今すぐにでも、無職の彼のもとに行けるなら
行っても良いとお考えなんですよね??」




女性いわく


「今の彼と一緒に居たほうが楽しいですし、
私はそうしたい気持ちが大きいです。でも・・・」





どうやら、何か踏み切れない事情があるようでした。





私はもう少し詳しく聞いてみたいこともあり、
時間も無かったので女性に細かく質問をしました。





するとどうやら女性は、今の生活水準はそのままで
子供(長男)を連れて彼のもとに行くのが理想なのですが、
友達や知り合いからはやめたほうがいいと言う声が
圧倒的に多く、自分の思い通りに行かなくて、
どうしたら良いいのかと相談に来たのだそうです。





私も、今の彼のもとに行ったところで
絶対に幸せになれない確率のほうが高いと判断し、
離婚は得策ではないと言う事をお伝えしました。





女性は中々納得出来ない感じでしたが、
知り合いにも私にも同じことを言われてしまい、
少しは納得しないといけないなとは思ったようでした。





私からは、どうして現状維持が良いのかを話しました。


「今の生活水準を保って離婚はまず無理だと考えてください。
彼は無職なので彼に行けば今よりもビンボーになるでしょうし、
遅かれ早かれ子供の面倒を見ながら
あなたが働かなくてはいけなくなると思います。


そして、○○に従事されている旦那さんの子供を
旦那さんのご両親は絶対に手放すことをしないと感じます。


私が知る事例では、跡取り問題で泥沼化することを良く知っていますし、
今回は絶対に貴女と一緒に子供を出すことはないと思います。


多分ですが、旦那さん側は裁判してでも
子供を手放さない感じを私は受けますし、
無職の彼とでは経済的ゆとりがないとみなされ、
お子さんを引き取ることが出来なくなる確率のほうが
高いように思います。





おそらく向こうのご両親からは
子供を置いていく代わりにと言う事で
丸くおさめれれて、結局あなたは子供の面倒ではなく
無職の彼の面倒を経済的に見なくてはいけないように
なるような気がします。


ですから、周りの友達や知り合いもあなたが目を覚ますよう
声を掛けていたのだと私は思うのですが・・・」





実際はもっと細かく長くお話ししましたが
ざっとこの様に解説させて頂きました。





女性からしてみれば、周りの人は
誰も離婚したほうがいいと言ってくれないし、
彼の処に行きたくてしょうがないのですが
今のほうがいいのでは?と言われ続けて
誰からの賛同もなかったので、


たった一人でもいいから

「彼のもとに行ったほうがいいですよ!」

と言ってくれて共感してくれる人が
欲しかったと言うのが
本音なのではないだろうかと
女性と話をしながら感じました。





ですが、私の見立てでも
離婚は良くないと感じましたので、
離婚をしない方向が得策なのでは??
と言う結論になりました。





結局、カウンセリング時間は約1時間ぐらいで、
初めに聞いていた15分という予定時間を
大幅にオーバーしてカウンセリングは終了しました。





結局女性は最後まで、物凄く納得!!とまでは
行きませんでしたが、私なりの手ごたえは感じました。





その後の女性の状況は
今となっては知る由もありませんが
女性が幸せでいてくれたらいいなと、
ふと思い出した次第です。





それにしてもカウンセリングを15分で
というのはさすがに短すぎますよね(焦)。





カウンセリングをご希望の際は
できるだけ時間の余裕を持って
受けて頂けますよう
よろしくお願いいたします(^^)














ラベル:離婚 相談
posted by 加藤洋一 at 11:01| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

【カウンセリング】電話だけで解決方法が知りたい?あなたの悩みはそんなに簡単なものですか?

こんにちは。


和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



ずいぶんお久しぶりのブログとなってしまいましたが、
今回はちょっとしたこぼれ話として
過去にあった出来事をご紹介したいと思います。




電話の相手は、高校生の男の子を持つという
お母さんからのSOSでした。



お母さんは曰く、


「息子が好きな子に振られた後から、
死にたい死にたいと連呼するので、心配になり、
ネットで調べたら近くにカウンセラーが居たので電話しました。」



と話してきたのです。




その息子さんは、自分の読みでは
かなりの脈ありの同級生に告白したものの、
実は友達以上にはなれないし、
他に好きな人がいるからごめんなさいと
断られてしまったそうです。




それから、失恋の痛みで高校にも行きたくなくなってしまい、
死にたいと口走るようにもなってしまったので、
心配でしょうがないと言うことをお母さんは話していました。




私はお母さんに、
ご主人には相談されましたか?と聞いた処、



「ほっとけば平気だろう??心配することではない。」



とご主人にきっぱり言われてしまったそうで、
またそれで拍車がかかり心配になってしまったそうです。




続けて私は、
高校にスクールカウンセラーがいると思うのですが、
そちらに相談はされましたか?
とお母さんに聞いたのですが、
どうやらスクールカウンセラーには相談したくないようで、
高校生の男の子も行く気がないのだと話してくれました。




そうですか、カウンセリングは強制ではありませんし、
受けたくないなら無理に受ける事もないですからね、


それでは、最終的にどうなればよいと思っていますか?



と、私がお母さんに聞きましたら、




「息子が死んでしまうのが心配なんです!!
どうすればいいんですか?!」



と、お母さんのご心配は相当なものでした。




私もお母さんの一連のお話から
事の深刻さや緊急性を感じましたので



「そういうことでしたら、まずお母さんが
当方のカウンセリングを受けられますか?」



とご提案したところ、お母さんの態度が一変しました。




「私は病気じゃないから私は受けません!!
受けるなら息子が受けないと意味がないでしょ??



私は悪くないので受けませんし、
息子が死なない方法が分かればいいんです!!



だから私は受けません!!」




・・・


要するに、カウンセリングは受けないしお金も払わないけど
息子が死なない様にしてほしいし、方法だけが知りたい。



と言うことをはっきりと言われた、わけなのです。





これ以上このお母さんと電話で話しても仕方ないと分かったので
区切りを付ける為にも、私はこのように伝えました。




「私の経験上、死ぬ死ぬ言っているうちは
ほとんどの人は生きていますし、
息子さんは死なないと思います。だから安心して下さい。



そして、あまりにも不安でしたら
スクールカウンセラーに相談すればお金も掛からないので、
まずは利用してみてからでも遅くはないのではないでしょうか?



とりあえず出来る事をやって
後悔のないように行動してみてください。」




この時点ですでに結構長い時間話していたこともあり、
お母さんもそれなりに気持ちが落ち着いて
ある程度は納得して下さったようすで
その電話は終わったのでした。




・・・働かないけどお給料だけ頂く


・・・食事はしたけどお金は払わない



ある意味そう言うこととほぼ同じようなことを
このお母さんは言っていたように私は感じます。




私としては、どんなことであれわざわざ当方に
電話をいただけるのはとてもありがたいことなのですが・・・



実は、年に数回はこんな感じの電話を受ける事があります。




このエピソードを聞いて、あなただったらどう感じますか?







posted by 加藤洋一 at 16:41| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

和みの滴・DV被害相談をご活用ください。

★★ 和みの滴・DV被害相談のご案内 ★★

配偶者や交際相手からDVを受けているご本人、
およびDV被害に遭っているご家族や友人知人を
手助けしたいとお考えの方のために、
和みの滴ではDV被害相談を承っております。





和みの滴・DV被害相談は完全予約制で、
料金は2時間¥3,000円です。




和みの滴・DV被害相談のお申込み&お問い合わせは


0465-43-1924
(受付時間9時~21時)


和みの滴・加藤までお願いいたします。




◆急な場合も出来る限り対応させて頂きます。


まずは勇気を出してお電話ください。




◆和みの滴・DV被害相談は対面にて行っております。


ご相談の際は和みの滴(神奈川県小田原市)に直接ご来訪いただくか
お客様ご希望の場所に当方が出張いたします。


当方からの出張をご希望の場合は、相談料金¥3,000円に
出張料金が別途加算されますのでご了承願います。


なお、小田原市内は出張料金無料です。
詳細はお問い合わせください。




和みの滴 恋愛結婚夫婦カウンセラー 加藤洋一



posted by 加藤洋一 at 10:25| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

【カウンセリング】一言で説明します!

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



「何回も恋愛に失敗している・・・」

「良い結婚相手が見つからないけど何で・・・」

「夫婦関係になるとどうしてもうまくいかない・・・」

「今の現状(2人の関係)をどうにかしたい・・・」



など、これ以外にも現状をどうにかしたいと
考えている人は多いのではないでしょうか。



ことわざで「2度ある事は3度ある」と言うように、
いくらあれこれ考えたり、違う方と巡り合っても、
同じような失敗を繰り返してしまう人や、
どうしてもパートナーと巡り合えない方は沢山いらっしゃいます。



恋愛や結婚、夫婦の悩みや問題以外でも言える事ですが、
どんな人でも今の状況から良い方向に
向かえるようにするにはどうしたら良いのか?



その答えを、たった一言で書きたいと思います。



それはなにかと言うと


『今までとは同じ事を決してしない事』


なのです。




仕事で例えた場合ですが、同じミスを
何回も繰り返したらどうなるでしょうか?



多分、物凄く怒られたり、その仕事から外されたり、
最悪の場合クビになったりする場合もあります。



恋愛や夫婦関係、人関関係で当てはめてもそうですが、
同じ内容や似たような状況で一度や二度失敗しているのなら、
もうこれ以上同じ内容でトラブルを起さない為には
どうしたらいいのか・・・?



それは、今までと同じ状況(同じような事)に
絶対にしないようにする事です。



いつも○○の時に喧嘩するとか、○○について問題があるなど、
色々な原因があるとは思いますが、今の状況を良くしたいのであれば、
今までと同じ事は絶対にしない事なのです。



「どうしたら良くなりますか?」

「どうしたら治りますか?」

「どうしたら変わりますか?」

「まず初めに何をしたら良いでしょうか?」



と、私に一言で答えを求めてくる方には
私はいつもこう言います。



「今までそのようにしてきてうまくいっていないのなら、
その方法や対処方法は貴女にとっても、相手にとっても
合っていない可能性があります。


ですから、今のまま(行動や言動、方法)を続けるのであれば、
良い方向に行かない事は分かるのではないでしょうか?


そうならない為に、効果のない方法ややり方をする前に、
今までとは違う事をする事をお勧めします。」



と伝えていますが、簡単に言うことほど中々出来ないものです。



ですから、ある程度の年数や期間の間に
成果や効果が出ない(改善が見られない)場合には、
その方法を続けるより、見切りを付ける事も大事なのです。



現状を変えたいあなた、自分を変えたいあなたへ。



『私は変わりたいから、今までと同じ事はしない!』



と、声に出して自分自身にしっかりと宣言しましょう。



そして決して焦らない事。結論を急がない事です。



どうぞ時間を惜しまずに、ご自分の望む姿に
着実に近づいていっていただきたいものです。



あなたが素晴らしい変化を遂げる事ができますように、
私は恋愛結婚夫婦カウンセリングで応援します!

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 23:36| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

【カウンセリング】自分を変えたい!性格を直したい!・・って、それホント?

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



さて、私のカウンセリングでは恋愛・結婚・夫婦の問題に
少しでも関わっている悩みや相談であれば
カウンセリング対象にしているので、相談者の方から


「恋人が○○を直してくれないと、今後無理かも・・・」

「今、自分の○○を直さないといけないと、感じているんですが・・・」

「いつも○○と言う気持ちなんですが、そんな感情は普通じゃないのでは・・・」


など、意外に性格や行動、癖などの悩み相談が私のところでは多いです。



具体的には、自分を変えたい!今の性格を直したい!とか、
私が変わった事を相手に分かって欲しい!
そもそも私の今の性格(行動や言動)ってどうなんだろう??
などの悩み相談やアドバイスを求めてくる方も少なくありません。



以前、私は喫煙していましたが、禁煙するのはとても辛かったですし
体重が増えてしまったときに色々なダイエット方法をしました。



禁煙・ダイエット両方とも定期的に継続させるのには
大変な思いをしましたし、習慣的になっている行動を変えるのは
精神的にも感情的にも相当辛いものがありました。



私のカウンセリングでも自分の性格を変えたり、
今の自分の考え方を変えたり、
行動を変えたりしたいと言う方は多いのですが、
そんな方達には私の体験も交えながら、こうお話ししています。


『あなたが自分の性格や考え、行動を変えたいのでしたら、
今までしてきている事を続けたら絶対に変われません。


もしタバコをやめたいのでしたら吸うのをやめればいい事ですが、
禁煙するにはその習慣を変えて、
吸わない習慣を身に付けなければ禁煙することは出来ないのです。


しかし、吸うのをやめればいい事なのに、
中々それだけの事が出来ないのが禁煙なのです。


今の性格を変えるとか、行動や考え方を変えたいと思うのも
少し禁煙に似ていて、継続的な取り組みや強靭な精神力、
根気や体力、継続する努力が必要なのはお分かりだと思います。


ですから、もし変えたいのであれば、
○○から実践してみたらどうでしょうか?』


と、その相談者の方に一番実行出来そうで、
効果が出そうな事をアドバイスや提案をしますが、
中々皆さん受けとめられずにいるのが実情です。



私は絶対出来そうにない事を言っている訳でもなく、
いい加減な事を言っている訳でもないのですが、
私のアドバイスは右から左へ受け流される事がほとんどなのです。



それはなぜなのでしょうか・・・



それは、相談者の方がそもそもそこまで変わろうと思っていなかったり
(それは私は出来ない、でも○○なら出来る・・・)と
自分で選り好みしている人だったり、そもそも他人の意見は聞かない、
耳を傾ける気はないと言う方が実際には多いからなのです。



いわゆる選り好みして、簡単で効果が出そうな事に飛びついたり、
少し試してみてダメならもう他の事に手を出してみたり、
結局は何も結果が得られず、元に戻ったりしてしまうのです。



自分を変えるには、変える事が出来る部分と、出来ない部分が
はっきりと存在しています。



変えられない部分を変えようとしてもそれは時間の無駄ですし、
そもそも意味がないですが、変えられる部分は変える事が出来るのです。



そして、変えたい変わりたい、どうにかしたい!
どうにかしてほしいと強く訴える方に多いのですが、
そう言う方ほど自分の今の状況や感情は変えない、とか
他人の意見は聞かないけど、相手が変わる方法を教えてほしい・・・
と言う方がとても多いものです。



自分は変えずに相手だけを変える・・・
自分は苦しまないで相手に苦労して頑張ってもらう・・・


そんな考えを客観的に聞いて、あなたはどう思うでしょうか?


はっきり言って、私からすれば
とても都合のいい話にしか聞こえません。



今を変える事、自分を変える事、相手に変わってもらう事は、
相手も自分も大変な苦労と努力を伴うのです。



その大変で辛い事を避けて通るのか、
それとも見て見ぬふりをするのか。
全て他人任せにするのか。



その先の結果は全然違う結果に繋がってくるものなのです。



現状を変えたい方はもう一度自分に合った方法や、
変わりたいと言う意志の強さ、考えの柔軟性があるかどうかを
確認してみない事には、変われる人も変われないと思います。



誰でも変わる事は大変ですが、変わった後には変わった後の良さや効果が
必ず現れるものだということは私も身をもって経験済みです。



これから変わりたい方、新しい自分になりたい方は
まさに今が変わりどきなのではないでしょうか?



変わり時はいつ??・・・・「今でしょう!!」(笑)


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 17:17| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

【カウンセリング】本人の意思が大前提

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



宗教に洗脳された妻を救いたい!
だから、妻にカウンセリングを受けさせたい


夫をアルコール依存症から立ち直らせたい!治って欲しい!
だから、夫を○○病院に入れたい


DV夫をどうにかして直したいから、あれこれ試している



など、身近な家族や知り合いをどうにか助けようとしている人は
沢山いらっしゃるのではないでしょうか。



最近ではある人が洗脳されて、
洗脳が解けないので家族や周りの人たちが困っている・・・


なんていう話を良く耳にしたりもしました。
(真実のほどは不明ですが)



ではなぜ洗脳されている人が病院に入院しても一向に良くならなかったり、
洗脳を施したとされる張本人から遠ざけて顔を合わせない様にさせても尚、
その人は本来の人に戻ってくれないのか?


と、あなたも不思議に思われる事と思います。




例えば、あなたが普段着ている服や靴に対して、友達や家族から


「あなたのその服、センス悪いからやめたら?」

「その靴ちょっとおかしくない?」


と言われたとします。




でも、あなたにとっては別に変なことではないし、
普通に売っているものを着たり履いたりしているのに
なぜおかしいの?・・・となることでしょう。




もしこの状態で今着ている洋服を着替える、着替えない、
履きかえる履き換えないで言い争った場合、


「うるさく言われるからしょうがなく着替える」

「うるさく言われても着替えない」

「お互いの交流がそこで途絶える」

「取り合えずその場は言われた通りにしておいて、次は言われた通りにしない」

「うるさく言われるのでその人には一生会わない様な行動を取る」



など、最終的にどのような判断をするかは
その人によってまちまちです。




ここで先ほどの

『なぜ洗脳が簡単に解けないのか?』

という話に戻りますが、本人の気持ちとしては



「自分は正常である」

「自分も相手も悪くないのに周りが悪く言っている」

「周りがしつこく入院を勧めるから入院する」

「周りがカウンセリングを受けろと言うから受ける」


など、自分の意志ではないが仕方なく
言われた通りにしているケースも少なくないものです。



本人が納得していない状況でカウンセリングや治療をしても
洗脳は解けないですし、本人も良くなることはありません。




恋愛・結婚・夫婦カウンセリングでもそうですが、
カウンセリング効果のほとんどは本人の気持ちや状態が関わってきます。



ですから、カウンセリングの技法や理論の効果は
正直とても少ないものとされています。



このことから、その人本人が良くも悪くもなるのは、
その人自身にかかってくるものだと言えるのです。



もし、あなたが無理矢理相手を更生させようとしたり
考えを変えさせようとさせたりする場合には
その人が納得していなかったり方法が合っていなかったり、
かえって逆効果の場合もじゅうぶんにありえることです。



あなた含め、周りの方達が行動をおこす時には
本人の意思をじゅうぶん確認するなどして
くれぐれも慎重に行うようにして頂けたらと思います。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑







posted by 加藤洋一 at 13:14| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする