2016年01月18日

【結婚生活】どこまで上がる?!離婚率

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。




当ブログをお読みのあなたはすでにご存知だと思いますが
いまや日本の離婚率は欧米並みに高くなっています。




街を歩けば3人に1人は離婚している計算で
離婚していないほうが珍しいとさえ思えてしまうほど
本当に離婚が身近になってしまった様に感じます。




巷では「デキ婚の離婚率は高い」とか

「結婚式を挙げない夫婦は離婚率が高い」

などと言われているようですね・・





実は私たち夫婦も結婚式は二人きりで挙げましたし、
披露宴もしていません。




それでも私たちは約20年位一緒にいますので、

(途中いろいろあるにはありましたが)

離婚危機も通り過ぎてしまっているのではと思います。





しかし現実問題、離婚するのも大変ですが
離婚しないで行くのもとても大変なことです。




夫婦仲や恋人関係が悪くなった時、


これ以上関係を続けられない=別れるしかない!



という選択が頭をよぎってしまうのは
とても残念でつらいことだと感じます。





ここからは私の持論ですが、
私たち日本人に一番合っていると思うのが
古き良き昔の夫婦のありかた、
いわゆる男性が外で働き女性が家を守るスタイルです。






あまり気持ちのよい例ではありませんが、
奥さんに散々罵倒されている旦那さんを
想像していただいたときに、
大体の人はそんな旦那さんを
素敵だ!かっこいい!とは思わないでしょう。




むしろ「弱そう」「だらしない」「頼り甲斐がない」
「可哀そうに」などと感じるのではないでしょうか。




また、街中で奥さんが堂々と先を歩き
その後ろをご主人が付き従うように歩いているのを見た時、
そんなご主人から男らしさや力強さ、頼り甲斐を
感じることができるでしょうか?



やっぱりちょっと難しいですよね。





表向きは女性が男性の一歩後ろをついて歩き男性をたて、
家庭の中では妻が夫の肉体面・精神面をがっちりサポートする。



それがやはり理想的な夫婦のかたちだと私は感じます。





しかしこんなことを言うと



「古い!」

「時代の流れに合わないよ~」



と思われる方が大多数でしょうし、
私たち夫婦もそこまでガチガチには実行していません。




ただすべてをそのような行動に表わさなくても、
女性がその様な気持ちで男性に接していたら
離婚率の低い昔の時代に
多少は戻れるのではないかと感じます。





外国人の方の中には
ご主人の後ろを奥様が寄り添う日本人の光景をみて
「美しい!」と感じる方や、
「夫婦のバランスが良い」と思う人は多いらしく、
確かにそのような夫婦の立ち振る舞いは
きれいに見えると私も思います。




今の日本は欧米化が進み、女性が外でバリバリ働き
昔ではほとんど居なかった主夫の方も多くなってきていて、
男性より仕事が出来る女性も今は沢山いらっしゃいます。





それがいけないと言うわけではなく、
そのことが夫婦生活や恋愛関係にマッチしていて
お互いの心に支障をきたさなければ
何も問題ないのです。






今や欧米の離婚率に迫ってきている日本ですが、
このまま行けばさらに離婚率も上がるでしょうし
もしかしたら日本のほうが上回る可能性もあるかもしれません。





そして私自身も、日本の離婚率を上げてしまわないよう
夫婦関係にはくれぐれも気をつけて
今後とも末永く妻との夫婦生活を続けて行きたいと思っています。




「恋愛結婚夫婦カウンセラーなんだから
離婚しないのが当たり前だろ!!」


「離婚率30%の中にあなたが入ったら元も子もないでしょう?」




などとお叱りを受ける事がないように・・・







posted by 加藤洋一 at 13:42| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

【結婚生活】結婚生活をよりよく過ごすためのヒント・夫婦3原則

結婚生活とはパートナーと一緒に一生を共にしていくものです。



恋愛をして、またはお見合いで知り合った相手と

「この人となら結婚して新しい人生を歩いて行ける!」

そう思った時、結婚を決めるわけです。



中には「授かり婚」や「成り行き婚」もありますが
最終的には二人が一緒に愛の誓いをして結婚するのです。



しかし私はとあるアンケート結果を目にした時ビックリしました。


『結婚をして良かったですか?』と既婚男性に聞いたところ
満足、幸せ、良かったと答えたのは全体の30%だったというのです。



私も友達や知り合いに同じ質問をした時に
結婚して良かったとの回答は、かなり少なかったです。



『独身のほうが気楽』

『お金や時間が独身の時より自由に使えない』

『一緒にいてつまらなくなってきた』



など、多くの既婚男性が結婚生活に不満を抱いているようです。



確かにパートナーと一緒に長く寄り添っていると
不平不満が増えマンネリ化してくるのは当然の事です。



ただそう考えると、奥さんのほうだって現状の結婚生活に
不満や悩みを抱えているかもしれません。



じゃあどの様にしたら夫婦生活を楽しく過ごしていけるのでしょうか?



急に夫婦生活がガラッと変わる夢のような方法や特効薬は
残念ながら存在しませんが、良くする方法は有ります。



それにはもちろん根気と努力が必要不可欠になってきます。

3日坊主だと良くなる物も良くなりませんので十分注意して下さい!!



これからより良い夫婦生活をしたい、送りたいと願うあなたは
これから私がお話しする【夫婦の3原則】を
いつも心の中に置いておいてください。



夫婦の3原則、それは 『会話・食事・夜の夫婦生活』 です。



まず初めに、夫婦にとって最も大事なことは 『会話』 です。


まずは何よりも感謝の気持ちを込めて
『ありがとう』 ということばを相手に伝えてください。


これは簡単そうで、じつは一番難しいことです。
しかしまずこれが出来ないと、後にも先にも始まりません。


『ありがとう』 さあ、頑張って言ってみましょう!


『ありがとう』 の言葉は会話のきっかけにもなりますし、
よりよい夫婦関係を築くための大切な第一歩です。



次に 『食事』 についてですが、このブログでも何度も書いているように
食事は生きていくうえで絶対に欠かせない事です。



男性をつかむにはまず胃袋から、とはよく言われますが


「胃袋をつかんでも男の心はつかまえられない」

「ただ料理が上手くてもしょうがない」

「妻が料理上手でも夫は浮気する」


などと思っている方もいらっしゃると思います



私はこの胃袋説?に関しては賛成派ですが、確かに

「胃袋をつかむ」ことだけが「男性をゲットできる」というのが

直接には結び付かないと私は考えています。




もし貴女が高級料理のフルコースを一人で食べていたら?

料理は美味しいかもしれませんが
食べていて楽しいと感じるでしょうか?


一人が好きな方は平気かもしれませんが、大抵は

「楽しくお喋りをしながら、美味しい料理を頂く」

というのが気分的にも気持ち良く頂けるのではないでしょうか?



初めに書いた 『会話』 は一番重要で 『食事』 は二番目に重要です。


ここで私が言いたいのは、「会話」だけとか「食事」だけでは
不十分なのであって、『会話と食事で一つ』 だということです。



このように考えて頂くと、胃袋をつかむだけでは
男性をゲットできるとは限らない事が分かって頂けると思います。



『楽しい会話と美味しい食事』 がセットでないと効果は薄いのです。


会話と食事を大切にすることで夫婦がお互い
楽しく過ごせるようになりますので、
じゅうぶん気にかけて頂きたいと思います。



夫婦3原則の最後 『夜の生活』 についてですが、
夜の生活つまりセックスは、夫婦の絆を深め
信頼関係を保つうえでとても重要な要素です。



しかし夜の生活は 「会話」と「食事」のミッションを
クリアーできてはじめて取り組める項目でもあります。



「会話」と「食事」がクリアーできていない夫婦は
まずはその2つからやり直さないと良い方向に行きません。



「会話」と「食事」が日頃から順調に行われている夫婦なら
夜の生活に問題が生じる恐れは少なく、もし問題が発生しても
深刻になる前に夫婦で力をあわせて解決することができます。



しかし、普段の結婚生活からお互いの話を聞かないとか
スキンシップもない、食事は作らないなどすべてほったらかしで
いきなり「夜の生活」では何も良くなりません!


“他がダメでも「夜の生活」さえあれば全てが上手くいく”


と思っていたら大間違いです。

夫婦とはそのような単純なものではありませんので、
くれぐれも誤解のないように願います。



夫婦のどちらかが仕事で疲れていたりお互い時間が合わなかったりで
「夜の生活」に対する気分の違いは出てくるものですが、
月に何日かは二人だけの落ちついた時間を作る事は大切だと思います。



そしてお互いが愛情と思いやりをもって夜の生活を楽しむ事は
夫婦の関係を良好に保つうえで、ほど良いスパイス的な役割を果たします。



いつも一緒にいれば夜の生活もマンネリになりがちですが
少し視点を変えたり、雰囲気を変えたりするだけでも全然変わります。
マンネリ化しないようにお互いが工夫し合って楽しみましょう!




以上、結婚生活をよりよく過ごすためのヒント
【夫婦の3原則】についてお話してきましたが
いかがだったでしょうか?



「楽しい会話」 「美味しい食事」 「夜の生活」 は

長い結婚生活という長距離レースを上手に走り続けるための
大切な3要素だと考えます。



なにかひとつでも貴女の参考にして頂き、今以上に楽しく
有意義な結婚生活を送っていただければ嬉しく思います。


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 21:42| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

【結婚生活】手本となる方法をTTPしよう

少し前にテレビで見たのですが
カフェやレストランなど飲食店を出店する時に
内装やメニュー、接客方式に至るまで
繁盛店の真似をする=徹底的にパクることで
自分たちのものにしていく戦略があるそうです。




そんなやり方のことを
徹底的にパクる、の頭文字をとって
TTP(ティーティーピー)と
言うのだとか。




真似をする事で成功に導くというTTP、
本家本元に迷惑がかからないならば
相手のやり方を勉強させていただく事は
とてもいいことなのではないかと思います。




前にも書きましたが、
今の日本では結婚している3組に1組が
離婚をすると言われていますし、
逆に離婚しないでいる人(別れない人)の方が
珍しいように感じられているようです。




恋愛や結婚、夫婦関係を良くしたり
今の悪い状態を修復する為にはどうしたらいいのかと
悩んでいる時にこそ、TTP(徹底的にパクる)を
実行して頂きたいと感じます。



普段から恋人関係、結婚や夫婦関係が
うまくいっている人のやり方をTTPしたり、
恋愛や結婚に関するノウハウ本に紹介されている
方法をTTPしてみるのです。





全ての事を全部真似しなくても
その中から少しでもヒントが見えてくれば
いいのではないでしょうか。




私が結婚する前、結婚している先輩に
結婚生活で気をつけている事を
聞いたことがありました。



「先輩の家で、夫婦で決めている事ってあるんですか?」


「うちは共働きだからゴミ出しと食器洗いは俺がして、
掃除は一週間おきに交代でやってるよ」


「共働きだから分担してるんですね」


「家によって違うからなぁ・・」


「そうですか・・」



先輩のように結婚生活でお互いの分担や
ルールを決めてしまえば
その方がうまくいく家庭もあります。




ただ我が家では家事を当番制にはしていません。



なぜかと言うと、分担を決めてしまうと


「○○してないよー、○○当番なのにー(怒)」


みたいに口げんかになるのもいやなので、
どちらか気づいたほうが料理、洗濯、掃除などを
するようにしています。




ルールを決めたのに実行しなかったら
怒ったり怒られたりするでしょうし
会社ではないのだから自分が出来るものを
率先してやるほうが気分もいいと感じたのです。





あれ?


これだと先輩の話をTTPしていませんね(汗)




ただTTPはしていませんが、
先輩の話から考えるヒントをもらえたので
私としてはよかったと思います(笑)。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑




posted by 加藤洋一 at 17:54| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

【結婚生活】二人のブームは二人で作ろう!

もうおととしの話になりますが、
我が家に空前の果物ブームが到来しました。



普段我が家ではそれほど頻繁に
果物を食べていなかったのですが、
たまたま柿やリンゴがとても安く売られており、
大量に箱買いして食べてみたら凄く美味しくて
我が家は突如果物ブームに突入したのです。




その一年間は本当に沢山・・
今までの人生の中で一番と言っていいくらい
柿やリンゴ他の果物を食べたと思いますが、
その後は次第に我が家の果物ブームも
去っていきました。




もちろん果物類は今でも買って食べますが、
おととしほどには食べてないですし、
買うにしてもほんの少ししか買いません。





世の中では今○○ブームです!今年は○○が流行です!
など良く言われますが、ブームは一過性のもので
必ずと言っていいほど去っていきます。




20年も30年も熱狂的な人気が続く事は少ないし、
どんなに売れているものでもいずれ消費者に飽きられたり
原料不足で生産できず供給が止まったりして
ブームを維持しようとするのもとても大変です。






恋愛関係や結婚生活にも、よかれあしかれ
さまざまな感情的ブームが襲ってきます。





二人の気持ちがとても高まる恋愛ブームに始まって、
相手の事が良く分からず興味が薄れてしまう倦怠ブーム、
気持ちがすれ違い一緒にいたくない・顔を見たくないブーム、
何かにつけ相手を許せない・信用できない不審ブームなど・・・




もうこの人しかいない!この人と幸せになる!
と思って二人の生活をスタートしても、
お互いが独自の個性や価値観を持っているので
意見が一致して何事もうまくいく時もあれば
お互いの価値観が合わずうまくいかない時も
必ず出てきます。




そこで、楽しいブームをいかに長続きさせられるか。
楽しくないブームをいかに早く終わらせられるか。




この2点は恋愛関係や結婚生活を長続きさせるための
大切なポイントになるのではないかなと思います。






また過去のブームは必ず再ブレイクします。
何年か前に厚底ブーツのブームがありましたが、
また今年から厚底の靴が流行ってきているように
男女の間にも必ず何らかの再ブームが来るのです。





前の彼女はこんな所がかわいく見えた・・
彼のあんなところがたくましく見えた・・


(なのに今は全然・・・)




現状に不平不満がある方も多いとは思いますが、
過去と比べないで冷静に現在の相手を見つめてみると
勢いや若さだけで盛り上がっていたあの頃とは
また少し違った感じで相手の魅力を感じたりして
第2次、第3次の恋愛ブームがやってくるかもしれません。





今自分たちが何ブームなのか、
来年自分はどんなブームが来るか考えてみたり、
予想してみるのも楽しいのではないでしょうか。





二人の関係にやってくるいろんなブームを
上手にコントロールして、恋愛関係や結婚生活を
楽しく維持していっていただけたらと思います。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 16:59| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

【結婚生活】スペシャルな関係、続けてますか?

恋人同士や結婚生活のあいだで何が一番楽しいかといえば


『この人と一緒にいるとこんなに特別なことがある!』

『この人と一緒だからこそこんなにハッピーでいられるんだ!』


そんなふうに思えることが、一番の特権なのだと思います。


お互いが特別な存在同士、お互いを大切にしたいと素直に思い合える。

尊敬と感謝を忘れず、いつまでも相手に関心を抱き続けることができる。


他の人とでは決して得ることの出来ない、そんなスペシャルな関係・・


この世の誰もが、自分にとって特別な相手を探し求めていますし

二人だけのスペシャルな関係を築いていきたいと願っています。



異性に対して 『絶対に○○は譲れない!』 『○○がないのはありえない』

など、その人独自のこだわりが強すぎたり、理解不能なくらい特殊なものだったり・・


『誰でもいいから男の人/女の人を紹介して!』 と言いながらも、

実際に細かく聞いてみるとあれはダメこれはダメのオンパレードだったり・・



自分の理想や基準もある程度は大事かもしれませんが、それ以前にまず

あなた自身が人として魅力的であるかどうかを考えてほしいと思います。



逆に、自分にはない要素(優しさや容姿、決断力や包容力など)を持った相手を見ると

自分の劣等感も手伝って相手の実質以上に魅力的に感じてしまうので注意が必要です。


そんな相手に憧れるあまり、どうしても自分のものにしたい!手に入れたい!

と強く思い込んだり激しく思いつめてしまう人もいらっしゃいます。



恋人同士や夫婦の間でも、相手に対して心のどこかで無意識に

ないものねだりをしていることは少なからずあるのではないでしょうか。



恋愛関係や結婚生活を長く楽しく心地よく続けていくポイントは

『お互いがお互いにとって特別な存在であり続けること』

これに尽きるのかもしれません。



自分が相手にとって特別な存在であり続ける為には・・

相手から飽きられることなく、いつまでも興味関心を持ってもらう為には・・


まずはあなた自身が特別な存在であること。それが第一条件です。



相手に何かを求める前に、相手のことを悪く言う前に

あなたの持つスペシャルな魅力をもっともっと発揮してみてはいかがでしょうか?


あなた自身も忘れていた自分の魅力を再発見できるかもしれませんよ!

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑






ラベル:特別 楽しい
posted by 加藤洋一 at 21:15| Comment(2) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

【結婚生活】夜の夫婦生活について

結婚生活に欠かせないとても大切な要素が
『夜の夫婦生活』です。


仕事で疲れていたり、お互い時間が合わなかったりで
夜の生活に対する気分の違いは出てくるものですが
月に何日かは二人だけの時間を作る事は大切だと思います。


いつも一緒にいれば夜の生活も次第に
変わりばえしなくなるでしょう。


マンネリ化しないようにお互いが工夫し合って
少し視点を変えたり、雰囲気を変えたりするなどして
色々な事にチャレンジしてみましょう!


お互いが愛情と思いやりをもって夜の生活を楽しむ事は
程良いスパイス的な役割を果たすものです。



ところで

“「夜の生活」さえあれば全て上手くいく”

そのように考えている方がいらっしゃいますが
それは大きな誤解です!


結婚生活に欠かせない他の要素である
『会話』と『食事』がクリア出来てはじめて
『夜の生活』が成立するのです。


夫婦の会話がない、スキンシップもない、
食事は作らない、家事はほったらかしで
いきなり「夜の生活」では何も良くなりませんので
どうか誤解のないようにお願いします。



それと当然のことながら、お互いの仲が良くないと
夜の生活は次第に苦痛なものとなり、
いずれは全く無くなってしまいます。


そのような状況になって苦しい思いをするのは
間違いなく女性よりも男性のほうです。


男性の性欲は理屈抜きでコントロールが難しいことは
前記事でも書かせていただきました。


男性の心身を包み込み癒すことが出来るのは
女性のおおらかさであり優しさなのです。


女性の方々には特にこの点をご理解いただき
男性へご配慮をくださいますよう、
男性の私からも重ねてお願い申し上げます。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『結婚生活』最後のまとめとして・・

男性と女性は全然違います


それでも「直感的」に二人の仲を良好に保っている方もいますし、
専門家の意見を取り入れ良い関係を築かれている方も
多々いらっしゃいます。


男と女、お互いとても身近な存在に感じますが
皆さんが考えるよりはるか遠い関係だと私は思います。


お互いの事を勉強する気持ちで男性は女性の事を、
女性は男性の事をお互い理解しなくては
良い関係を築く事は難しいものだと思います。


しかし、だからこそ男と女のあいだには
さまざまな人間模様やドラマが生まれるのでしょう。


私はこれからも皆さんの人生のよき伴走者となり
恋愛・結婚カウンセリングを一生の仕事として
やりがいをもって続けていきたいと思います。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑






posted by 加藤洋一 at 20:05| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

【結婚生活】共働きのご夫婦へ

最近では夫婦共働きはごく当たり前の時代です。


二人とも正社員の共働き夫婦の場合、
家に働き手が二人いるということになります。


共働きをする理由は仕事が好きだとか責任感だとか
皆さんそれぞれいろいろあるかと思いますが、
お互いがフルタイムで働いていれば自分の権利を主張して
意見を通したい時や譲れない場面が必ず出てきます。


どんな結婚生活でも、基本的には毎日の家事や子育ても
夫婦で役割分担しなくては結婚生活は成り立ちません。


もちろん二人が働けば生活は助かりますし、
それぞれが趣味や好きなものにお金と時間を使えるでしょう。


しかしお互い単独で自由に動くことが行き過ぎてしまうと
すれ違いやコミュニケーション不足になって、
最終的に別れを迎えるケースも多々見受けられます。


「お互い生活がすれ違ってしまって・・・・」

芸能人の離婚会見などで良く耳にするフレーズですが、
お互いが稼ぎに出ればすれ違うのは当たり前なのです。



祖父母がある程度家事や子育てを助けてくれる場合は
夫婦の負担が軽くなり共働きはしやすくなりますが・・

結婚生活という意味では夫と妻のコミュニケーションを
上手にとっていかないと、夫婦として一緒にいる意味が薄れてしまい、
一緒にいることが苦痛にさえなってしまう危険性も出てきますので注意が必要です。


共働きのご夫婦は、二人がどうしたらすれ違わないでいられて
良い関係を築けるのかを考えて頂けたらと思います。


結婚生活は、男性が働きに出て女性が家を守るという
パターンがいちばん理想的なかたちだと私は思っています。


しかし最近では主夫とか育メンとかいう言葉もあり、
男性が結婚生活当初から家事や育児を担当するという
ご夫婦も増えているみたいで、ちょっと面白い世の中に
なってきているのかなと考えたりもします。


妻がバリバリのスーパーキャリアウーマンで、
子供が生まれたら夫のほうが休暇をとって
育児や家事をバリバリこなす、などということも
今後はもっと増えていくのかもしれません。


結婚生活や夫婦のあり方は日々進化していくのですね。


ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑







posted by 加藤洋一 at 22:56| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

【結婚生活】食事は妻の手料理がいちばんなのです

私がまだ外へ働きに出ていた頃、
妻が夕飯を用意していなかった事が
結構何度もありました。


私が疲れておなかを空かせて帰ってきても
おかずを準備するどころかご飯すら炊いてなく、
好きでもないアロマの香りが部屋に充満していたときは
さすがに怒り爆発!!してしまったのを思い出します。


当の妻いわく

「何が食べたいか分からなかった」
「帰ってきてから作ろうと思った」
「外食すると思った」

平然としたご様子に返す言葉もありませんでした・・


・・・昔の話です。



和みの滴 HPでも書いていますが

『会話』 『食事』 『夜の生活』

この3つは結婚生活を良好に保つための必須条件です。


中でも手料理の食事は愛情に繋がる大切な要素です。


朝昼晩の食事で妻の手料理の登場回数が少ないと

(夫のことを何だと思っているのだろう・・)

(自分は妻から大切にされていないのだ・・)

(妻からの愛情が感じられない・・)

(食事自体が苦痛になってきた・・)


そう感じてしまうのが男の思考パターンなのです。



外で働く男性にとって家庭というものは
仕事から帰ってきてほっとひと息つける場所、
安心できて心が癒される場所であってほしいもの。


食事はただ「食べ物を食べる」という行為ではなく
夫が妻からの愛情を直接感じることが出来るものであり、
夫婦の大切なコミュニケーションの時間としても
たいへん重要なものです。


妻の愛情が感じられない、コミュニケーションも取れない、
そんな我が家に帰って食事をしても正直苦痛でしかありません。


女性の方々には、食事というものが男性にとって
いかに大きな意味を持つものかということを
ここでもう一度よく考えていただき、
旦那さんにはできるだけ奥さんの愛情がこもった手料理を
ふるまってあげてほしいと思います。

関連記事⇒恋愛と衣食住

ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 18:12| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

【結婚生活】あなたはオマケ?ポケットティシュ?

最近はペット飲料を買うと、ミニタオルやフィギュア、エコバッグ、キーホルダーなどなど、

ひと昔前からは考えられないような、とても豪華なオマケが付いています。


また、駅前通りや街中ではしばしば宣伝用のポケットティシュを配る人がいます。

わたしもついつい差し出されたティシュを受け取ってしまうのですが・・



さてこれらのオマケやポケットティシュ、皆さんはどうされていますか?


よほど気に入ったものでなければ、どこかにほったらかしにしたり

捨てたりしてしまうのではないでしょうか。



わたしもその一人で、なぜそうしてしまうのだろうかとふと考えたことがあります。



オマケやティシュは、付いてて楽しい&もらえて嬉しいものではあるのですが

大して元手(お金)もかかっていないし、大切にしなければという思い入れもありません。

なので、無造作な扱いをしてしまうし、紛失しても困らない。



オマケやポケットティシュは手に入れても割と早いうちに

あってもなくてもどうでもよい存在になってしまうのです。



本当に欲しいものならば、どんなに高価でも頑張って手に入れます。

欲しいものが手に入ったら、ずっと大切にしようという気持ちが沸いてきますね。



恋愛関係や結婚生活のなかで、あなたはほったらかしのオマケになってはいませんか?

部屋の片隅でホコリをかぶったポケットティシュになってはいませんか?

あるいはパートナーのことをオマケやポケットティシュのように扱ったりしていませんか?



マンネリだとかギクシャクしてうまくいかないなどと感じているなら

このオマケ&ポケットティシュのお話を思い出して欲しいと思います。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑
posted by 加藤洋一 at 00:47| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする