2016年12月23日

【女性のあなたへ】男性と食事をする時の注意点

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。





女性の皆さんは女性同士での食べ物のシェアは、
日頃からごく当たり前のようにされていると思います。




私の妻も、外食などで一緒にご飯を食べている時に


「それ(私の食べている物)を少し頂戴!」

「これ(妻の食べている物)と少し交換しない??」


などと言ってくることがよく有りましたが
正直良い気分ではありませんでしたし
女性はそういうのが好きなのだなぁと感じていました。






「女子だったら普通にするよ!!」

と妻には言われましたが、
男性同士では絶対と言っていいくらいに
他人と食べ物をシェアすることはありません。






例えば、そば、カレー、パスタとかを頼んだら
それをみんなで回して食べる事は男性はしませんし
「食べてみる?」などと声をかける事は
ほとんどしないという事になります。




男性の場合は自分に来たものは自分の物、
他人の物は他人の物とハッキリ区別してますので
もし他の人が頼んでる物が食べたかったりした場合は
次回に注文するという行動を取る事がほとんどです。





ごくまれに、食べてみておいしくないなと感じた時など
「ちょっとこれまずいんだけど食べてみてくれない??」
と(自分の味覚の確認のために)お願いすることもありますが
「おいしいからみんなで突っついて食べよう!」
みたいことはほとんどないものです。





じゃあピザとかシェアしてるじゃんとか、
バイキングも嫌いってこと??と言われがちですが、
あくまでも単品で自分だけの所に来たもの限定でのお話になりますので
そこら辺はご理解いただければと思います。





もちろん男性でもシェアに抵抗のない方はいらっしゃいますから
100%そうですよと言うわけでは有りませんが
少なくとも男同士では一般的ではありませんし、
食べ物のシェアはむしろやりたくないことであると
考えていただいて間違いはないです。






妻と結婚してから、おかずやサラダなどが
大皿に乗っかって出てくる事が当たり前となり、
いつまでたっても分けて出てこないので、
それに対しては一人分ずつ分けて出すようにしてもらいました。





妻的には「一緒に食べたい!!」と言う気持ちが強く
別々に分けるようお願いしたら機嫌が悪くなり、
説得するのが大変だったのが思い出されます。





もしこれから男性とお付き合いされる方や
新婚生活で一緒に住まわれる方がいらっしゃいましたら
男と女では食べ物に対する意識の違いがあると言う事を
ご理解いただき、食事の際にほんのすこしでも
気を配って頂けたらと思います。




posted by 加藤洋一 at 17:35| Comment(0) | 女性のあなたへ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください