2014年07月01日

【わたしのこと】スパイスや香辛料は、お好きですか?

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。




私はいわゆる香辛料やスパイス関係が全般的に苦手で、
コショウや鷹の爪などが入った辛いものが一切食べれません。




ですから、外食する時はできるだけ
基本的に辛いものが少ない場所や、
もしくはキッズメニューの充実したところを探して
入るようにしています。



でも、実際には料理に香辛料を使わないお店のほうが珍しく、
そんなお店はほとんど無いのが現状です。



ですから、もうある程度はあきらめて入店するのですが(笑)
注文するときには妻が気を利かして店員さんに聞いてくれたり、



「○○は辛いのが基本だからこれは辞めたほうがいいよ」



など、スパイシー好きな妻から細かく説明してもらって
残念なことにならないよう色々と気を使っています。



しかしそれでも、事故は起きるものです・・





ある日、ちょっと名の通ったパスタ専門店に行った時の出来事でした。



以前から気になっていた『イカ墨パスタ』を食べてみようと
メニュー表を見ていたのですが、どうやら私のいちばん苦手な
鷹の爪が使われているらしいことが判明しました。



念のため注文の際に、鷹の爪が入っているかどうか聞いたら



「あ、鷹の爪抜きも出来ますよ。」




と店員さんが言うので、それじゃあ安心だと思い
妻と二人で念願のイカ墨パスタを注文しました。




そしていよいよイカ墨パスタが到着し、
そのパスタの黒さに驚きながらも
興味しんしんで食べ始めたのですが・・・



なぜか、ピリピリと辛いのです。しかも、かなり辛い。





妻と二人して



「鷹の爪なしでもイカ墨って辛いの??かな?」



「いや、もともとのイカ墨が辛いことはないはずだよ」




などと話しながらフォークの先でパスタをほぐしていたら、
なんと、非常にわかりづらかったのですが
セピア色に染まった輪切りの鷹の爪が
いくつも入っているのを発見してしまいました。




「鷹の爪、全開入ってんじゃん!!」



「抜いてもらえなかったんだね(笑)」





こうして私は、口の中や唇を真っ黒くしながら
初めてのイカ墨パスタを辛さに耐えつつ何とか完食し、
心の中は超ブルーで店を出たのを覚えています。




その後から、私はますます自宅で料理をするようになっていきました。




自分で作れれば確実に辛くないものを作れるし、
好みの味付けにもできるので安心です。





おかげで今では、外食はほとんどしなくても
自宅でそこそこのものが作れますし、
当時ほとんど料理をしなかった妻も
料理の腕を格段に上げてきたので
家で食べるほうがだんぜん美味しく安全なのが何よりの救いです。





そういえば以前、ある学者さんがテレビで



「社会が病んでくると、香辛料やスパイスの消費が格段に上がる」



と言われていました。




動物の生存本能がストレスを打ち消そうとして、
アルコールや香辛料など、別の強い刺激を求めるのだそうです。




私自身は全然ストレスをため込む性格ではないので
まったく香辛料が不要なのかもしれません。




ただ妻に関していうと、昔はどんなものにも
尋常ではない量のスパイスをかけまくって食べていました。




確かに、仕事仕事でストレスが多かったのでしょう。




そんな妻でしたが、現在は自分で食事を作るようになり
食べ物の味が分かるようになったおかげもあるのでしょう、
以前のようにスパイスを乱用する事はなくなりました。




妻自身スパイスがストレスを緩和するという説に
軽いショックを覚えたらしく、それからは意識的に
スパイスを減らすように心がけているようです。




さてあなたは、いかがですか?




辛い物、刺激の強い物ばかりをこのんで食べているようでしたら
その裏には、もしかしたら自分自身でも気づいていない
なんらかのストレスが潜んでいるかもしれません。




これからスパイシーなものを口にする時、
今回のお話をちょっと気にかけてみてはいかがでしょうか?










posted by 加藤洋一 at 16:34| Comment(0) | わたしのこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください