2014年05月30日

【男と女】熱中症対策で恋愛・結婚・夫婦の関係性もよくなる?!

こんにちは。

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



ここ最近、関東では急激に気温が上がる日が多くなりましたが、
あなたのお住まいの地域はいかがですか?

体調など崩されていませんか?



私は寒いのがとても苦手で、寒い季節を思い出すだけで
ブルブルと震えが来てしまいます・・(^^;)



また私は5月生まれというのもあるせいか、
これから夏に向かって温かくなるこの時期がいちばん
自分の気持ちや体調が上向きになるように感じられます。



しかし、真夏は真夏で熱中症や食中毒など、
知らず知らず脱水症状に陥る危険性が高くなるので
その点は注意が必要ですね。



私はこれまで熱中症で倒れたりした事はないのですが
やはり年々確実に歳をとっていますので、
意識して気を付けないといけないなーと感じています。



そんな暑い季節の体調管理のポイントといえば、
ズバリ 『水分補給』 ではないでしょうか。



暑いから、汗をかくからといって
冷たい水やジュースを一気にがぶ飲みすると
必要以上に体を冷やしてしまいますし、
食べ物の消化吸収にもよくありませんよね。



ですので、体液の組成により近いとされるもの・・

たとえば、スポーツドリンクなどをこまめにとるのが良いようです。



ただし、スポーツドリンクにはわりと糖分が多めに入っているので
2~3倍に薄めて飲むのがより望ましいという話も聞きます。



そのほか、あなたもすでにご存知かもしれませんが
『塩あめとお水』 の取り合わせも、手近な方法ながら
暑い時期の水分補給に効果があるそうですよ。



ここで重要なのは、スポーツドリンクにも塩あめにも


『糖分と塩分の両方が含まれている』


ということです。



甘い成分としょっぱい成分・・


一見相反する性質を持った糖分と塩分のどちらもが
私たちの体には必要不可欠な要素であり、
かつどちらかが多すぎても、また少なすぎても
私たちの体は効率よく水分補給ができないのだそうです。



つまり、私たちが 『水分』 を効率よく補給するためには
水分だけを摂取してもダメで、『糖分』 と 『塩分』 の両方が
適度なバランスで水の中に存在する事が不可欠なのですね。



恋愛や結婚、夫婦の間でも、これと似たような事が言えるかもしれません。



つまり、恋愛・結婚・夫婦という関係性(水分)を
よりよいものに築きあげていくには、
そしてさらにその状態を長い年月維持していくためには、
お互いが持つ様々な要素(糖分や塩分)が
バランスよく含まれ、各要素の持っている機能や特長を
上手に発揮することが不可欠だ、と私は思うのです。



もしあなたが現在、恋愛や結婚、夫婦の問題で
お悩みを抱えている状況なら、


「決定版!絶対にうまくいく恋愛メソッド」

「これでカレ(カノジョ)の心は生涯あなたのモノ!」



などの甘~い誘い文句に、ちらほら目を奪われることも
少なくないのではありませんか?



たしかに一時的には、何らかのメソッドやノウハウが
効果的に働き、お互いの関係性がぐっと縮まると
いうことも、決して無い話ではないでしょう。



しかし、男女の関係性のあらゆる状況に通用するような、
いわゆる万能な方法というのは残念ながら存在しません。



この点は、あなたも十分ご承知のことと思います。



恋愛、結婚、夫婦における二人のバランスは
その時々ケースバイケースでどのようにでも変化します。



そのバランスの変化にいち早く気づき、
お互いによりよい方向へと修正していけるかどうか。



あるいは二人のバランスに少々の変化があっても、
お互いが焦ることなくどっしりと構えていられるかどうか。



やはり最終的には自分たちで、自分たちに合った
バランスの取り方を見つけていかなくてはならないのです。



そのためにも、お互いの持つ特長や要素にもっと関心を払い、
自己主張ばかりに終始せず、また相手の価値観を侵害しすぎず、
ほどよい距離感をキープしあうことが
重要なのではないかと感じます。



恋愛や結婚、夫婦においてお互いのもつ様々な要素が
節度を保ちながら調和しバランスが取れた状態、
つまり二人の関係性(水分補給や消化吸収)がうまくいっている状態とは
いったいどんな状態なのか?



この機会にもう一度考えてみてはいかがでしょうか?










posted by 加藤洋一 at 13:50| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください