2013年04月18日

【カウンセリング】本人の意思が大前提

こんにちは。和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



宗教に洗脳された妻を救いたい!
だから、妻にカウンセリングを受けさせたい


夫をアルコール依存症から立ち直らせたい!治って欲しい!
だから、夫を○○病院に入れたい


DV夫をどうにかして直したいから、あれこれ試している



など、身近な家族や知り合いをどうにか助けようとしている人は
沢山いらっしゃるのではないでしょうか。



最近ではある人が洗脳されて、
洗脳が解けないので家族や周りの人たちが困っている・・・


なんていう話を良く耳にしたりもしました。
(真実のほどは不明ですが)



ではなぜ洗脳されている人が病院に入院しても一向に良くならなかったり、
洗脳を施したとされる張本人から遠ざけて顔を合わせない様にさせても尚、
その人は本来の人に戻ってくれないのか?


と、あなたも不思議に思われる事と思います。




例えば、あなたが普段着ている服や靴に対して、友達や家族から


「あなたのその服、センス悪いからやめたら?」

「その靴ちょっとおかしくない?」


と言われたとします。




でも、あなたにとっては別に変なことではないし、
普通に売っているものを着たり履いたりしているのに
なぜおかしいの?・・・となることでしょう。




もしこの状態で今着ている洋服を着替える、着替えない、
履きかえる履き換えないで言い争った場合、


「うるさく言われるからしょうがなく着替える」

「うるさく言われても着替えない」

「お互いの交流がそこで途絶える」

「取り合えずその場は言われた通りにしておいて、次は言われた通りにしない」

「うるさく言われるのでその人には一生会わない様な行動を取る」



など、最終的にどのような判断をするかは
その人によってまちまちです。




ここで先ほどの

『なぜ洗脳が簡単に解けないのか?』

という話に戻りますが、本人の気持ちとしては



「自分は正常である」

「自分も相手も悪くないのに周りが悪く言っている」

「周りがしつこく入院を勧めるから入院する」

「周りがカウンセリングを受けろと言うから受ける」


など、自分の意志ではないが仕方なく
言われた通りにしているケースも少なくないものです。



本人が納得していない状況でカウンセリングや治療をしても
洗脳は解けないですし、本人も良くなることはありません。




恋愛・結婚・夫婦カウンセリングでもそうですが、
カウンセリング効果のほとんどは本人の気持ちや状態が関わってきます。



ですから、カウンセリングの技法や理論の効果は
正直とても少ないものとされています。



このことから、その人本人が良くも悪くもなるのは、
その人自身にかかってくるものだと言えるのです。



もし、あなたが無理矢理相手を更生させようとしたり
考えを変えさせようとさせたりする場合には
その人が納得していなかったり方法が合っていなかったり、
かえって逆効果の場合もじゅうぶんにありえることです。



あなた含め、周りの方達が行動をおこす時には
本人の意思をじゅうぶん確認するなどして
くれぐれも慎重に行うようにして頂けたらと思います。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑







posted by 加藤洋一 at 13:14| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください