2012年12月08日

【カウンセリング】悩み相談と心理カウンセリングの違い

和みの滴 恋愛・結婚・夫婦カウンセラー 加藤洋一です。



あなたは今、恋愛や結婚・夫婦のことで悩んでいませんか?

一人ですべてを抱え込んで心がくたくたになっていませんか?

ごはんも喉を通らないくらいに苦しんでいませんか?

何日も何日もまぶたを腫らして眠れない夜を過ごしてはいませんか?


もうそろそろ、先の見えない悩みや苦しみから本気で脱却しませんか?


恋愛・結婚・夫婦の問題ならヒーリングガーデン和みの滴 
加藤洋一までお気軽にご相談下さい。





今回は、悩み相談と心理カウンセリングの違いについて
書いてみたいと思います。



悩み相談というのは、相談者様の悩みに対して相談員が

「○○してみたらどうか?」「○○はやめた方がいい」

と明確で具体的な行動・提案を提示してくれるものです。




しかし明らかに今の状況では受け入れがたい提案や
納得できないアドバイスをされることもあり、
相談者様にとって本当の解決にはならないこともあります。




一方心理カウンセリングは基本的に
相談者様が主役となって問題解決していくプロセスを
心理カウンセラーの専門知識や見解を用いてサポートするというものです。



もちろん時には悩み相談のようにカウンセラーから具体的解決策を
提示することもありますが、それがメインではないということです。



ですから、あなたが今悩んでいる問題があるとして
心理カウンセリングと悩み相談、どちらを受けたら
それを解決出来るのかをご自分で判断できなくては
根本的な解決には至らないのです。



私も昔は心理カウンセリングと悩み相談を
同じもののように考えてしまって、
その時に受けたものが合っていなかった為に効果が得られず
無駄な時間とお金がかかった事があったものです。




一般的に市区町村で行っている
「女性相談」などの○○相談はカウンセリングではないので、
アドバイスや提案が主体になります。



そのような窓口では時間をかけて親身に話を聞いてくれたり、
一緒に考えてくれる事はほとんどないと
思ってもらって間違いありません。



それに相談時間も約1時間など決まっていたりして、
話が途中でも時間で区切られ煮え切らないで
終わってしまう事も良くあるのです。



また心理カウンセラーでも「電話相談します」と言う処を
良く目にしますが、これもカウンセリングではなく
アドバイスや提案が主ですので

「いま私が実行できそうなアドバイスや提案が欲しい」

と言う方に対しては効果的なのです。




さらにニセ物の心理カウンセラーの中には

「電話カウンセリングします」「メールカウンセリングします」

と言うチンプンカンプンな人も居るのですが、
電話やメールでは本来の心理カウンセリングは出来ません。




いくらメールで自分の状況や考え、気持ちを
詳しく細かく伝えようとしても、とらえ方や言葉のニュアンスの違いで
おかしな方向に行ってしまう事が多々あるので、
私はメールや電話での相談を一切受け付けていないのです。




今回は悩み相談と心理カウンセリングの違いについて
書いてみましたが、いかがだったでしょうか?




ご自分の悩みを解決するのに悩み相談がいいのか
心理カウンセリングがいいのか判断に迷われるようでしたら、
和みの滴までお気軽にお問合せ下さい。

TEL:0465-43-1924 加藤洋一


     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑









ラベル:悩み相談
posted by 加藤洋一 at 20:22| Comment(0) | カウンセリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください