2012年10月21日

【わたしのこと】禁煙して2年が経ちました

早いもので、私が禁煙してもう2年が経ちました。


今ではタバコの匂いが敏感に分かる様になってきて、

(タバコって凄く匂うものだなぁ・・・)

とつくづく感じてしまいます。



しかし、テレビなどで喫煙場面が流れたりすると
その時ふとした感覚で「タバコ吸いたいなぁ」と
思ったりもしてしまうのです。



私も禁煙前は十数年喫煙していたわけで、長年タバコを吸い続けた
その行動はしっかりと体にしみついているのでしょう。


ですから、ふとした拍子に吸いたい気持ちが少し蘇るのかもしれません。



喫煙という長年の習慣を断ち切って禁煙するのが大変なように
アルコール依存症の方がその症状を治すために行う「断酒」も
かなり大変で難しいことです。



アルコール依存症を克服するには一生お酒を飲まないで
暮らす以外の道はありません。



しかし喫煙していた方が禁煙して、数年禁煙したのに
また喫煙者になるケースは非常に良くあります。



依存性のあるものから脱却するためには継続的な強い意思が
必要不可欠だと言う事が私も今なら身にしみて分かります。



依存性のあるものを断つという行動は、一人ではなかなか
意志が続かず結局は挫折してしまう事が多々あります。



私も禁煙中は妻にも協力してもらった事もあり
晴れて禁煙する事が出来ましたが、今考えると一人で乗り切るのは
とてつもなく大変なことだったと感じます。



特にアルコール依存症の方々の多くは、ご家族の協力が
中々得られない状況にあるというのが現状だと聞きます。



病院に入院させて、治ったら出てきてね・・・と
後は病院任せになってしまい、退院してもまた飲酒を繰り返して
再発、治らないと言う事は少なくありません。



何かに立ち向かって克服しなければならない場合は、
一人で何とかしようとしても難しいように感じます。



禁煙に取り組んだりアルコール依存症を治療するには、
周りの人の理解や協力、心の支えが必要不可欠なのです。



そして周りの人たちも協力するための方法や決まりを勉強しないと、
苦しんでいる本人を支える事も立ち直らせる事も出来ないのです。



もしあなたの大切な人が喫煙やアルコールを辞められず
一度失敗しているのでしたら、今度はあなたも一緒に協力して
克服方法を考えたりサポートすることでうまくいくかもしれません。



大切な人の健康のために、そしてあなたのためにも
もう一度禁煙、断酒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

     ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ blogram投票ボタン


↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 20:51| Comment(0) | わたしのこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください