2012年07月01日

【恋愛の極意】生(ナマ)の持つ迫力と説得力

皆さんは実際に本物の噺家さん(落語家さん)や演劇を
生で見た事が一度でもあるでしょうか?


私が中学生の時に噺家さんの話や、劇団員の方が行う劇を
体育館で間近に見る機会がありました。


当時の私は13歳前後ですから、
噺家さんや演劇に興味があったわけでもなく
憧れていたわけでもありませんでした。


当時の私はテレビで落語を見ていても凄く面白い!とは
思いませんでしたし、演劇もそうですが
普段から身近では無かったので正直良く分からないですし、
好きとか嫌いとかも良く分からない感じだったのです。


でも、中学生で初めて体育館で落語を生で見て聞いた時に
凄く面白かったのです。


多分皆さんもテレビなどで、噺家さんが話している場面を
一度でも見た事があると思いますが、
テレビではあまり面白いとは思わなかったのに、
実際生で見たり聞いたりしたら
それはそれはもの凄く面白いものなのです。


当時体育館で聞いた時には話自体そんなには長くなく
何人かの噺家さんが話してくれましたが、
全て面白くてお腹が痛くなったのを思い出します。


この記事を読んで「本当にそんなに面白いの?」と
思われるかもしれませんが、当時まだ私は子供でしたが
子供が聞いてもかなり面白かったのを覚えています。


テレビなど見ていると落語家さんの話を聴きに来ている
お客さんの姿や笑っている映像を見たりしますが、
前の私も「そんなに面白くないけどお客さんて大爆笑してるよなぁ・・・」
と、少し疑問に思ったほどでした。


しかし生で噺家さんの話を聞いて、
そのお客さんの気持ちがわかったのです!


それは、実際生で見るのとテレビでみるのとでは大違いで
生で見るととてつもなく面白いのです。


ですから、噺家さんの話を生で見た事がない方は
一度見てみると私の気持ちが分かって頂けると思いますので、
見て頂けたらと思います。


演劇はシェークスピアで役者さんの衣装や劇の雰囲気に圧倒され、
引き込まれるような素晴らしい演劇でした。


何度も言うように、当時は中学校の体育館ですから
本格的な劇場ではないにせよ、言葉では言い表せないような
素晴らしい演劇を見させて頂きました。


もし本格的な劇場で見たら、
それ以上の感動があるんだろうな・・と、その時思いました。



当時、どちらも自分が見たくて見たわけではなかったのですが
私にとって貴重な体験になったのです。



恋や結婚、夫婦関係も生身の人間同士がお互いに生活して、
色々な事を体験したり経験したリして、
一緒にはぐくまれる事が一番大切なのだと思います。


恋や結婚、夫婦関係は二次元でもブログの文章でも、
テレビ番組や3D映像でもないのです。


お互いの本当の気持ちやその場の雰囲気は、
その場でしか体感したり味わったりすることが出来ません。


架空ではない現実だからこそ、
心が動かされる事も多々あるのだと思います。



そう考えると、自分の魅力や個性を表現して相手に伝える時、
その人自身のかもしだす雰囲気で印象や相手に伝わるかどうか
関わってくるのだと思います。



もし今現在、物事がうまく行っていない方が
いらっしゃるのであれば、自分や周りの雰囲気作りを
少し考えてみたら解決出来るかもしれません。


「恋愛が成就しない人」は異性を引き付ける雰囲気を、
「恋人をすぐ他人に取られてしまう人」は
恋人が離したくない雰囲気を心がけたり、
「夫婦仲が色々と悪い」方達は、周りを包み込む様な
優しい雰囲気を出して行くなどして、
良い方向に持っていっていただけたら思います。



生の持つ迫力や魅力、説得力を信じて
ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 00:48| Comment(0) | 恋愛の極意 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください