2012年04月19日

【男と女】テレビのリモコン、今どうしてる?

我が家ではテレビのリモコンを
リモコン保護フィルムで覆って使っています。

201204191933001.jpg

このフィルムはリモコンをキズから保護したり
液体やホコリがリモコンボタンの隙間などに
入らないようにしてくれる優れモノなのです。


私がリモコンフィルムの存在を知らなかった頃は、
テレビを買った時リモコンが包装されていた袋に
電池を入れたリモコンを戻した状態で使っていました。
それだけでも汚れは防げますしボタン操作にも支障はありません。


しかし、一つ難点が存在します。


それはすぐに袋が劣化して破れてきたりして
リモコンを綺麗に保てなくなってしまうのです!



(別の袋か何かで包装しないといけないな・・)

そんな中見つけたのがリモコンフィルムでした。


リモコンフィルムは熱で密着させて使うのですが、
使っていても見やすいですしビニール袋より丈夫なので
我が家では重宝しているアイテムです。



ところで当たり前の話ですが
テレビのリモコンとテレビは
非常に密接な関係にあります。


テレビの主電源を切ってしまうと
いくらリモコンの電源ボタンを押しても
絶対にテレビをつける事が出来ません。


リモコンに電池が無い場合も
電源操作やチャンネル回しができないので
テレビをつける事が出来ません。




さて、このテレビとリモコンの関係ですが
恋愛や結婚生活に少し似ていると感じます。


分かりやすいようにテレビを男性、
リモコンを女性としてお話したいと思います。



『好きな相手(男性)が中々振り向いてくれない・・・』

この場合はテレビ側(男性)の主電源が
入っていない事が考えられます。


リモコン(女性側)でいくら操作しようとしても
テレビ(男性側)が反応しない・・・・


そんな時はいくらリモコンのボタンを押しまくって
(女性側が猛烈アタックして)も、テレビ(男性側)の
主電源(気持ち)をオンにする事は出来ません。

そもそもテレビの主電源(男性側)が入るのかどうか?
まずはそこから確認してみてください!



『相手(男性)が私から離れて行ってしまった』

これはテレビ(男性側)とリモコン(女性側)の
電波の届く距離が関係しています。


お互いが離れ過ぎてしまっていると
届くべき電波(気持ち)も届きません。


まずはお互いが電波の届く距離まで近づく事をお勧めします。
話はその後からしましょう。



『自分(女性)がある人(男性)から言い寄られているが
全然興味が湧かない』


この場合、お互い全く違う機種同士であることが
考えられます。

機種が合わないもの同士では通信もとれません。


稀にですが、テレビとリモコンの機種違いで
長年悩んでいる方がいらっしゃいます。


今はテレビだけでなくDVDプレイヤーやエアコン、
部屋の照明、オーディオなどあらゆる家電に
リモコンが付いていますので、どれがどれだか
混乱することもよくある話です。


昔私が買ったパソコンにはわざわざ
テレビ用リモコンが付いていましたが(汗)
そちらは結局一度も使ったことがありません。



テレビ(男性側)の機種がリモコン(自分)と違う場合は、
本人に正直に伝えてあげる事も優しさの一つです。

勇気を出して話してみましょう!




『相手(男性側)も私(女性)も今の関係に我慢が出来ない、許せない!』

この場合、テレビ(男性側)またはリモコン(女性側)が
なんらかの原因で故障している可能性があります。


テレビ(男性側)に問題があるのか、
リモコン(女性側)に問題があるのか、
はたまたテレビとリモコンの両方に問題があるのか。


どちらにしても修理(カウンセリング)が必要になります。

第一歩として行動する事をお勧めします!




・・今回はテレビを男性、リモコンを女性に例えて
男女の関係についてお話させて頂きました。


皆さんの恋愛や結婚生活、夫婦関係を理解するうえで
参考にしていただければと思います。



我が家では冒頭にも書いたように
テレビのリモコン(妻)はフィルムで保護し
汚れやキズがつかないよう大切に使用しています。


リモコンの調子が悪いとテレビ電源(私)のオンオフや
チャンネル切り替えもスムーズに行きませんから
リモコンの電池もケチらず交換します。

そうすることで結果的に私自分も快適に過ごせています(笑)



あなたの家のテレビのリモコンは今どんな状態ですか?
どうぞ優しく大切に扱ってあげてくださいね。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑



posted by 加藤洋一 at 20:24| Comment(0) | 男と女 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください