2012年03月06日

【女性のあなたへ】ストップ!女性の『男性化』

『男性にだけは絶対に負けたくない!』

『相手(彼、夫)の意見を聞きいれられない』

『男性の行動や言葉にいら立ちを感じてしまう』



今回は、男性を宿敵のように感じていたり
自分から妥協や譲歩することができずに
とことん男性と対立してしまう、そんな女性に向けて
男性である私の意見を書いてみたいと思います。




近年では女性の社会進出が目覚ましく
女性の社会的地位(役職や収入など)も
男性と同等のレベルになってきています。




女性が社会で重要なポジションを担うことは
とても素晴らしいことだと感じますし、
リーダー性が高く頼りがいのある女性の活躍は
今後さらに望まれ、増えていくことでしょう。





しかし、恋愛や結婚の場合は
まったく話が違ってきます。




恋愛関係や結婚生活の中で
女性の側が決定権を握り
リーダーシップを取ることを
私は決してお勧めしません。



もちろん場合によっては女性のほうが男性よりも
適切な決断を下すことができるでしょうし、
女性が男性をリードするほうがうまくいく場面も
多々あるのは事実です。




また男性の中にも、自分のことをぐいぐいと
引っ張ってくれるような女性が好きなんだ!
という方がいらっしゃるのもわかります。





しかし、長い目で見ればやはり
女性側が常にリーダーシップを握り
男性がそれに付き従うようなかたちで
男女の関係がうまくいくということは
非常に少ないというのが現実なのです。





以前ブログでも書きましたが、
男性はとかく考え方が固定的で許容も狭く
プライドだけで自分を保っているような
不安定でせつない生き物です。




男性は女性のあたたかさや包容力、
穏やかさなどに支えられて初めて
男性らしい力強さや積極性を
発揮することができるのです。




ですから・・・


『彼(夫)と激しい喧嘩や言い合いをしたのを機に
二人の溝が深まって修復できず別れてしまった』



『彼(夫)と一緒にいればいるほど嫌悪感が増して
もうどうしていいのかわからない・・・』




このようなお話を聞くと、女性の側がかなり
『男性化』 してきているのを感じて
私はちょっと怖くなってしまいます。





「じゃあ、私が我慢するしかないの?」

「女性が言いたい事を言えないのはおかしい!」

「男ばかり言いたい放題、
やりたい放題になってしまい不公平!」



確かに女性の皆さんが男性と対等に争って
男性をケチョンケチョンに言い負かせば
やってやった、言ってやったという充実感は
あるかもしれません。




しかしそれだとお互いが傷つき疲れるだけで
何ひとつ得なことがないのは
皆さんもお分かりいただけるはずです。




私が思うに、女性の皆さんが男性と同じ目線で
物事を考え男性と同じような攻撃性を発揮して
男性と対等互角に争うということは
ご自分の持って生まれた 『女性らしさ』 を
うまく活かせていないとも
言えるのではないでしょうか。





女性一人ひとりそれぞれの持ち味や魅力は
その人によってさまざまありますが
優しさ、可愛らしさ、受容性、慈悲深さ、包容力など
女性の方であればどなたでも本来お持ちの
『女性らしさ』 を、もっと女性の皆さんには
大切にしていただきたいのです。





ナヨナヨっとしていかにもひ弱そうな
女性らしい男性と結婚したい!という女性は
まず少ないのと一緒で、自分より遥かに男らしく
強そうな勇ましい女性をわざわざこのんで
好きになるような男性は特別に少ないと
思っていただいて間違いありません。





皆さんが普段の生活の中で
本来の女性らしさをナチュラルに
表現し、発揮する事が出来れば
必ず男女の関係は円満に向かいます。





単純狭量な男性たちの暴走崩壊を防ぎ
上手にコントロールできるのは
女性の皆さんの持つ女性らしさだけなのです。




どうか女性の皆さん、男性と対等になろうとして
自分を 『男性化』 させないでください。




そんなことをしなくても男性ははじめから
女性には決してかないっこない、
頭が上がらない生き物なのですから。

ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑









posted by 加藤洋一 at 16:56| Comment(0) | 女性のあなたへ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください