2011年11月27日

【妻とわたし】ランチデートで・・・

昔、私が彼女(現在の妻)と付き合っていた頃のことです。


『私がランチ代出すから食べに行かない?』


と誘われて、以前から気になっていたお店の
釜めしランチを食べに行くことにしました。




その日は平日だったせいもあってか
お店にはお客さんがあまりいなかったので
ちょっと贅沢な気分を味わいながら
それぞれ好きなものを頼んで
おいしく食べたり飲んだりしました。





二人で日ごろの出来事や学校や会社の事など
たあいもない話をしていたら、いつの間にか
結構時間が経っていることに気づきました。



そこで、そろそろ帰ろうかと席を立とうとしたら
店員さんがお茶を入れに来てくれました。



せっかく温かいお茶を入れて頂いたので
そのままも悪いと思って、飲むことにしました。



飲みながらまたたあいもない話をして、
二杯めのお茶も飲み終わりお会計に立ちました。


今回のお会計は誘ってくれた彼女持ちだったので
彼女がレジで支払いをしようとしていました。



するとさっきの店員さん(おばちゃん)が
レジに立っていて


『食事代はお兄さんが払うんじゃないの(笑)!?

女性に払わしたらかっこ悪いでしょぉ


(私の方をチラリ)

次から食事代はお兄さんが払うんだよ!


(おばちゃんが妻に向かって)

あなたも食事代くらいは男に出してもらいなさい!

いい?分かった??』



突然起きた予想外のことに私はキツネ・・
いや、おばちゃんにつままれた感じに
なったのは言うまでもありません。



私 『今日は彼女持ちなんです(汗)・・・』


おばちゃん 『お昼代くらいは男が払ってあげなさい!』


私 『・・・はぁい・・・わかりました・・・』



なぜかおばちゃんに諭された??
感じになってしまいました。



お店を出て帰りの車の中、
彼女いわく


『店内がとても空いてたし、私たちの会話が
まる聞こえだったかもしれない(笑)』


『そうかもね、結構静かだったからね』


『私達の話の内容からおばさんが推測して、
あなたが働いてるんだったら女性に払わせないで
男性が払いなさい!という事を
言いたかったんだと思うけど・・』



『ああ、普通は男が払うものだからね』



『ははは。あなたはまだ学生だからいいんだよ』



『まあ、おいしかったし楽しかったからいいか(笑)』



以上、おばちゃんにつままれた?
若い頃のお話でした。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑

posted by 加藤洋一 at 13:32| Comment(0) | 妻とわたし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください