2011年09月23日

【こころ】じゃあ、どうすればいいですか?

子供の時のことを思い出してみてください。


『○○をしたい!』

と言ったら、両親や祖父母、先生から

『○○はいらないからダメよ!』
『○○より△△にした方がいい!』

などとダメ出しされたことがないでしょうか?




大人になって何かをやろうとした時や着手した時にも
似たようなダメ出しを他人から受けることがあります。


『これはこうだ、あれはこうだ』
『それじゃうまくいかないでしょ』
『こうした方がいい』

などと、アドバイス?や根拠のない定説?のようなものを
あれこれ聞かされたりします。




私も恋愛・結婚カウンセリングをはじめるにあたり
色々な方から色々な事を言われました。


『○○をしないとお客様は来ないんじゃないの?』
『もっと○○をしたほうがいいんじゃない?』
『そんなのは仕事にならないよ・・・』


・・・・

皆さん、自営業で経営してるわけでもなく
心理カウンセリングを受けた経験もない方たちです。



『それじゃあ、どうすればよいですか?』
『○○したら絶対にそうなりますか?』
『具体的にはどういう方法がありますか?』


いざ細かくアドバイスをいただこうとすると、


『知らない。分からない。責任もてない。自分で考えて。』

となってしまうのです。



・・そういうのって、アドバイスと言えるでしょうか?


・・最初からひやかしのつもりなのでしょうか? 




確かな根拠や裏づけのないアドバイスや、
ただ自分で思うだけの事を相手に伝えるのは
とても迷惑で無責任なことだと感じます。



もし私が誰かに 『どうしたらいい?』 と聞かれたら、
いい加減な話はできませんし、確証のない意見を述べたり
自分の経験がないことについてアドバイスするのは
とても怖いことだと感じます。



発言によってはその人の人生を大きく左右する可能性も
あるわけですから、より慎重にならなくてはと感じます。



相手のためを考えてというのも、時と場合によっては
よけいなお世話でしかないことがあります。



人に意見するときはくれぐれも注意したいものですね。




『じゃあ、どうすればいいですか?』


・・それは自分で考えてください(笑)!

ブログパーツ


ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 22:59| Comment(0) | こころ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください