2011年09月13日

【男性のあなたへ】男性の大きな勘違い

今回は定職に就いていない男性に向けて、結論からお話します。


『カウンセラーの話を受けても彼女が出来ない』ではなく、
カウンセリングを受けても無職のままでは彼女は出来ないのです!


くれぐれもその点を勘違いしないでいただきたく思います。




・・私の友達が合コンに行った時の話です。


当時その友達は無職でしたが、仲間に誘われて
カラオケや飲み会の合コンに参加したそうです。


彼がみんなの前で

「この間仕事を辞めて無職になっちゃったんだー(笑)」
と言ったら女性陣みんなからドン引きされたらしく・・


「あの時は女の子から相手にされなくて悲しかった(涙)」
と言っていました・・



(それは当然そうだよ・・・)
(本当の理由が分からないのかな??)


私はそう思いましたが、落ち込んでいる友達を前にして
それをストレートに伝える勇気はありませんでした。




定職に就いていないのに彼女を求める欲張りな方や、
無職が引き金で別れに至っているのを気付いていない方が
想像以上に沢山いらっしゃって、いつも驚かされます。




定職をもち昼間お仕事をしている男性は
日中好き勝手にフラフラ出来ませんし、
異性との出会いもほとんどないのが普通です。



定職が無い方はその分予定が立てやすく時間の融通もきくので
日中は自由に外出出来ますし、出先で出会った女性と会話をしたり
意気投合していく中で、恋の予感のように勘違いしてしまう・・


実際、そんな男性は少なくないのです。




無職/定職がない男性は社会的信用が感じられませんし
女性からも「信頼できない男性」とみなされてしまいます。

(ここがとても重要なポイントです!)




男性が無職で稼ぎがない場合、デートや食事のときは
女性の側に経済的負担を負わせてしまうことになるでしょう。



付き合い始めの時はまだ許してもらえるかもしれません。


定職に就かず定期的な収入がない男性を
自ら進んで面倒見たい!私が養ってあげる!
と思うような女性も決してゼロではないと思いますが・・



(いつまで私が全部払わないといけないの・・?)

女性があなたに疑問を抱くようになるのは時間の問題です。


女性は収入が無い人には興味も期待も持てないですし、
信用もできません。


順調に付き合っていても無職になったことが引き金で
別れが訪れるケースだってあるのですから、
女性が男性を見る目は男性が思う以上に厳しいものなのです。



私も同じ男性として、勘違いしている男性の方々には
早くその勘違いから脱出してほしいと願っています。



どうすれば自分の社会的信用が得られるのか・・
女性に信頼してもらえるようになるには何をすべきか・・


この機会にもう一度、考えてみてはいかがでしょうか。

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑





posted by 加藤洋一 at 15:46| Comment(0) | 男性のあなたへ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください