2011年08月23日

【こころ】ちょっとそこまで、はどこまで??

家族や友達から 『ちょっとそこまで行ってきます』

と言われた場合、どのくらいの時間(あるいは距離)が

『ちょっと』 だと思いますか?


こっちは○○分のつもりでいたのに相手は○○時間だった、

なんていう経験はありませんか?



3分?20分?1時間?3時間??・・・

人によって 『ちょっと』 のとらえ方は全然違います。



次の機会に 『ちょっとそこまで』 と言われたら、

『あなたの 「ちょっと」 は、大体どれくらい?』

と軽く確認しておくと、誤解や行き違いも少なくなると思います。



誰でもそうですが、何かを決定・判断・行動するときは
自分の考えが基準で基本となります。


なので相手も自分と同じ考えだろうと思い込んでいたり
相手と自分の認識が全然違うということを疑いもしません。


まさか自分が間違っているとは考えも及ばなかった、
なんていうことも決して珍しいことではありません。


そしてさらに恐ろしいことですが、この行き違いや誤解は
日常茶飯事あらゆる人間関係の中で発生しています。


恋愛・結婚カウンセリングの最中でも、
相談者さんと私の認識の行き違いは多々生じます。


ちょっと話が食い違ってきたな、と感じたら
その場で確認をとりながらお互いの誤解を解消し
カウンセリングを進めていく必要があるのです。


そのような理由から、私はメール相談をやっていません。


メール、つまり文章でのやり取りだけだと
人それぞれ言葉使いのニュアンスの違いがありますし
相手や私の受け取り方が食い違っていても
リアルタイムでの認識の修正ができないので、
メールによるカウンセリングは行っていないのです。



恋や恋愛、結婚や夫婦関連のお悩み掲示板などを
たまに見る事があります。


掲示板では相談者さんが文章でお悩みを綴られており、
それに対してプロのカウンセラーが助言をされています。


ある程度までは相談者さんの状況を推測できても
文章だけで的確なアドバイスができるのかといえば
私にはちょっとそれは難しいかな・・と思ってしまいます。


自分がどんなに平常心でも、
相手の気持ちまではメールでは感じ取れません。



恋人同士でも夫婦でも、メールのやり取りだけでは
本当の感情はわかりかねるのではないでしょうか。


直接会って話した方が相手の表情や言葉のトーンを
リアルタイムで確認できますし、相手の細かい気持ちや本音を
知るには直接会うのが一番の手段なのではないでしょうか。


言葉の誤解や捉え方の違いでトラブルがないようにする為にも、
私はメール相談はしないと決めています。



『ちょっとそこまで行ってきます』

あなたの 『ちょっと』 って、どこまでですか?


『ちょっと相談したいことがあるのですが・・』

あなたの 『ちょっと』 って、どのくらいですか?


ちょっと面倒なようですが(笑)、
たまには相手に確認してみるのも面白いかもしれませんよ!

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 14:58| Comment(2) | こころ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たいへん面白く読ませていただきました。

私も、去年までは旦那さんと自分は運命共同体で、おんなじかんがえでいると、勝手に思ってました。
何て大きな勘違いで、旦那さんをがんじがらめにしてたんでしょう!恥ずかしい限りです。

メールの返事が来ないのも、文句ばかり相手に言ってました(*_*)
今は、ほとんどメールはしません。自分の気持ちを少しずつでも伝えて、(ドキドキ、付き合い始めた頃のように)近づいて行って、お互いが必要と思える関係になれたらと、最近思います。



Posted by あき代 at 2011年09月11日 07:37
私のブログが少しでもお役にたてたみたいで良かったです。
わざわざコメント頂きましてありがとうございます(^v^)
Posted by 恋愛・結婚カウンセラー 加藤洋一 at 2011年09月11日 13:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください