2011年08月14日

【結婚生活】共働きのご夫婦へ

最近では夫婦共働きはごく当たり前の時代です。


二人とも正社員の共働き夫婦の場合、
家に働き手が二人いるということになります。


共働きをする理由は仕事が好きだとか責任感だとか
皆さんそれぞれいろいろあるかと思いますが、
お互いがフルタイムで働いていれば自分の権利を主張して
意見を通したい時や譲れない場面が必ず出てきます。


どんな結婚生活でも、基本的には毎日の家事や子育ても
夫婦で役割分担しなくては結婚生活は成り立ちません。


もちろん二人が働けば生活は助かりますし、
それぞれが趣味や好きなものにお金と時間を使えるでしょう。


しかしお互い単独で自由に動くことが行き過ぎてしまうと
すれ違いやコミュニケーション不足になって、
最終的に別れを迎えるケースも多々見受けられます。


「お互い生活がすれ違ってしまって・・・・」

芸能人の離婚会見などで良く耳にするフレーズですが、
お互いが稼ぎに出ればすれ違うのは当たり前なのです。



祖父母がある程度家事や子育てを助けてくれる場合は
夫婦の負担が軽くなり共働きはしやすくなりますが・・

結婚生活という意味では夫と妻のコミュニケーションを
上手にとっていかないと、夫婦として一緒にいる意味が薄れてしまい、
一緒にいることが苦痛にさえなってしまう危険性も出てきますので注意が必要です。


共働きのご夫婦は、二人がどうしたらすれ違わないでいられて
良い関係を築けるのかを考えて頂けたらと思います。


結婚生活は、男性が働きに出て女性が家を守るという
パターンがいちばん理想的なかたちだと私は思っています。


しかし最近では主夫とか育メンとかいう言葉もあり、
男性が結婚生活当初から家事や育児を担当するという
ご夫婦も増えているみたいで、ちょっと面白い世の中に
なってきているのかなと考えたりもします。


妻がバリバリのスーパーキャリアウーマンで、
子供が生まれたら夫のほうが休暇をとって
育児や家事をバリバリこなす、などということも
今後はもっと増えていくのかもしれません。


結婚生活や夫婦のあり方は日々進化していくのですね。


ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑







posted by 加藤洋一 at 22:56| Comment(0) | 結婚生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください