2010年07月25日

【妻とわたし】鉄製フライパンでクッキング!

料理をする方でしたら、鉄のフライパンやフッ素加工フライパンを使用されると思います。

鉄製のフライパンは重たい、すぐ焦げ付く、サビが出る、お手入れが面倒などの理由から、
いま現在使う人は少ないかもしれません。

わたしもよく料理をしますが、最近までフッ素加工のものだけを使っていました。
フッ素加工だと焦げ付きにくく油が少量で済むしお手入れも簡単など、色々よい点があります。


しかしあることをきっかけにわたしは、鉄製フライパンを毎日の料理に使い始めました。

そのきっかけとは・・・



・・・わたしの妻は貧血気味で、以前から鉄のお薬を飲むたびに
“胃が荒れるからできれば飲みたくない”とよく言っていました。

どうしたら胃に負担なく鉄分を補充できるだろうか?とわたしなりに調べてみたところ、
鉄のフライパンで料理すると鉄分が補給できるという情報を発見しました。
鉄のお薬のように大量には取れませんが、毎日食べる物に少しずつでも鉄分が含まれれば
『チリも積もれば山となる』で無理なく鉄分補給できそうだと感じました。

そういうきっかけで鉄製フライパンを買い求め、
焼いたり炒めたりする時はこまめに使うようになったのです。

使い始めは扱いや火加減に慣れず焼きすぎ焦げすぎもありましたが、
今はフッ素加工品と同様全然問題なく使いこなせています。


今回の件でわたしが気付いたことは、
鉄製フライパン・フッ素加工フライパンどちらも一長一短あるということです。
これまで深く考えずにフッ素加工フライパンを使っていましたが
鉄製フライパンのよさは鉄分補給以外にもいくつかあることがわかったし、
またそれぞれのフライパンに正しい使い方やお手入れ方法があることも知り、
思いのほか勉強になりました。


何事も最初は取っ付きにくかったりうまくいかなかったりするものですが、
『自分は妻にどういうことをしてあげられるか?』と考えたのがきっかけで、
新しいことに目を向けることができました。

皆さんも、恋人や夫婦のあいだで
『相手に対して今自分ができること』を探してみてはいかがでしょうか。

特別なことでなくてもいいのです。
お金をかければよいというわけでもありません。

“相手を心から大切に思う気持ち”
それこそが二人の仲をよくしていくことに結び付くのです。

それでは、きょうも楽しく鉄のフライパンで料理をすることにしましょう。
妻の貧血が少しでもよくなることを願いつつ。




皆さんも、いかがでしょうか?

ブログパーツ



ランキング参加しています!よかったら投票お願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ   blogram投票ボタン

↑↑ それぞれのバナーをクリックしてください! ↑↑


posted by 加藤洋一 at 18:17| Comment(0) | 妻とわたし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください